新着記事・レポート

カテゴリーを選択

三カ国での薬学比較

    次の記事へ>>

    『三カ国での薬学比較』1.薬剤師を取り巻くスタッフの役割と位置づけ

    『三カ国での薬学比較』1.薬剤師を取り巻くスタッフの役割と位置づけ

    2009年04月09日 (木) 19時31分配信 投稿日:09/04/09 19:31 icon_view 1724view

    お気に入りに登録

    お気に入りに登録

    icon_view 1724view

    私たち薬剤師が働く現場(「薬局」「ドラッグストア」「病院」)には、それぞれ様々な医療スタッフが一緒に協力し合って働いていることと思います。
    あなたの職場にはどんな仲間がいますか?薬局によっては、栄養士さんや医療事務さん、フロアレディさんなどがいらっしゃるかもしれませんね。海外ではどうでしょう?

    今回は、「薬局」に焦点を絞って”薬剤師を取り巻くスタッフ”にはどんな人達がいて、それぞれどのような役割を担っているのかを見ていきましょう。



    ■日本の場合




    図1.日本国旗日本では、2006年から登録販売者制度が創設され、薬剤師以外にOTC医薬品の販売を担える職業が、2008年に行われた第一回目の試験により誕生したばかりです(※09年6月に有資格者が生まれます)。
    しかし、オーストラリアやカナダでは、同じような役 割を担う人たちが、何年も前から薬局で活躍しているのをご存知ですか?  

    ~ 日本における主なスタッフ ~
    薬剤師:すべての医薬品に対し、調剤・監査・投薬を担当
    医療事務:処方箋のコンピュータ入力・保険関連
    登録販売者:OTC医薬品の第二類&第三類の販売を担当

    日本では通常、1日の処方箋受付枚数40枚に対し1人の薬剤師を配置するのが原則となっていますが、この数字、業務において妥当だと感じますか?

    一方、オーストラリアでは、150枚に対し1人の薬剤師を配置してい るのです。(なお、カナダのアルバータ州では、特に処方箋枚数による薬剤師人数の制限はありません。剤師の友人の話では1日に1人で400枚こなす日もあるとの事です。)

    日本の4~10倍近くの枚数を一人の薬剤師がこなせるのは何故でしょう?


    図2.処方箋枚数の三ヵ国比較
    図.処方箋枚数の三ヵ国比較

    (次ページ)「海外―オーストラリアの場合」へ・・・

    Good14

    コメントする

    コメントする

    コメント

    回答:3件

記事・レポート(936件)

show

業界ニュース(10389件)

show

アンケート

show

セミナー情報(12件)

show

ブログ(4509件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング

もっと見る