薬剤師のQ&A

業務に関するQ&A

質問

ノースさん
調剤薬局

薬剤師独特の視点のための勉教について

投稿者: ノース    投稿日:14/10/13 16:37
お気に入りに登録
803view
今回の改定で、かかりつけ医の原則院内調剤のショックより
今までと求められる薬剤師像が変わるのではないかという不安からいろいろ調べてみました。

ひとつは薬局・薬剤師が地域社会に必要とされる存在になること。
これはいまのところOTCにおいて相談できる関わり方や
服薬指導では患者さんや家族に寄り添う気持ちを意識してするようにしました。
もうひとつはチーム医療に参加すること。
これが恥ずかしながら疑義照会ぐらいでしか接することのなかった自分にとって課題でした。
薬剤師の存在意義、独自の視点とは何なのか?

チーム医療が業務の病院薬剤師の方にお聞きしたいのですが、
実際、他の医療スタッフから質問されたり意見を求められることはどのようなことが多いですか?
また退院後の患者さんについて薬局薬剤師に求める事などありますか?

最近読んだ医師で薬局経営者の狭間研至氏のコラムでは薬剤師の専門性は薬理・薬物動態学、製剤学であり、
そこを切り口に患者の病態の謎解きをするべきではないか?とありました。

基礎薬学であり再度の勉強です。
まず菅野先生の薬物動態学10の法則と3つに分ける薬理作用の本と分子骨格のくすりのかたちという本の2冊を手に取ったのですが、
元々頭良くなかったので分からないところや自分のものにするまで落とし込めなかったりと
壁にぶつかっています。
なによりなかなか日常業務に結びつかない事もモチベーションが維持できない理由の一つです。
職場では高齢の管理が「そんなことしなくていい」と言われ時々虚しくてなります。

皆さんはどのようにして勉強されているのでしょうか?
よろしかったらお勧めの本やネット上での勉強会などありましたら教えて頂けないでしょうか?

長文になりすみませんでした。

回答する

回答する

回答

回答:9件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1406件)

show

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 new 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

2018.08.01 305.オンライン服薬指導は待ったなし 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20855件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(11件)

show

ブログ(5398件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月08日~08月15日

もっと見る