運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

業務に関するQ&A

質問

naokoさん
その他

細菌検査での常在菌の検出と原因菌

投稿者: naoko    投稿日:16/01/29 22:25
お気に入りに登録
192view
教えて下さい。
尿からの細菌検査でα−streptococcus(+)となっていた患者さんに、「溶連菌の菌が出ているから、溶連菌に効く薬を出す」という説明のもと処方箋がきたのですが、そもそもα−streptococcusは常在菌ではないのだろうか?と思った事と、通常感染を起こすのはβでは?また、尿路感染の疾患としての原因菌となりうるのだろうか?と疑問に思いました。
調べても分からなかったので、教えてください。
また、病院薬剤師の方はよく細菌検査で菌を特定し、薬剤の提案をしている話をよく聞きます。
薬局にいると、そういった事が疎いので、勉強方法も知りたいです。

回答する

回答する

回答

回答:4件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1351件)

show

2017.12.13 new 272.その成分はトリガーとなるか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.12.07 new 94.40枚規制緩和論の浅はかさ 【世塵・風塵】

2017.12.06 new 271.ポリファーマシー解消にはほど遠い実態 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.29 270.空気は点数と無関係という自信 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.22 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20273件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5732件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月08日~12月15日

もっと見る