運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

業務に関するQ&A

質問

naokoさん
その他

細菌検査での常在菌の検出と原因菌

投稿者: naoko    投稿日:16/01/29 22:25
お気に入りに登録
193view
教えて下さい。
尿からの細菌検査でα−streptococcus(+)となっていた患者さんに、「溶連菌の菌が出ているから、溶連菌に効く薬を出す」という説明のもと処方箋がきたのですが、そもそもα−streptococcusは常在菌ではないのだろうか?と思った事と、通常感染を起こすのはβでは?また、尿路感染の疾患としての原因菌となりうるのだろうか?と疑問に思いました。
調べても分からなかったので、教えてください。
また、病院薬剤師の方はよく細菌検査で菌を特定し、薬剤の提案をしている話をよく聞きます。
薬局にいると、そういった事が疎いので、勉強方法も知りたいです。

回答する

回答する

回答

回答:4件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1383件)

show

2018.04.25 new 291.高まる『対面』の再検討機運 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(20650件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5799件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月19日~04月26日

もっと見る