運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

業務に関するQ&A

質問

ゲデオンさん
その他

韓国の方が進んでいる?

投稿者: ゲデオン    投稿日:10/11/11 07:54
お気に入りに登録
303view
健康保険審査評価院(審評院)は10日、「医薬品3万8718品目の成分コードが入力された『薬品処方・調剤支援(DUR=Drug Utilization Review)システム』の開発が完了した。来月から、重複・禁忌薬をリアルタイムで確認できるDURシステムが全国で実施される」と明らかにした。

DURシステムは、医師や薬剤師が処方・調剤内容をコンピュータに入力すれば、審評院の中央サーバーに保存された患者の薬品服用記録と比較し、禁忌・重複薬品をすぐに明らかになる。例えば、水虫薬(ケトコナゾール成分)と睡眠剤(トリアゾラム成分)を併用する場合、睡眠効果が倍加されるため、併用処方してはならない。解熱鎮痛剤(アスピリン成分)と消炎鎮痛剤(ケトロラクトロメタミン成分)を併用すれば、胃腸が出血する恐れがある。

併用服用できない併用禁忌の医薬品(437成分)、青少年など特定年齢層に使用してはならない年齢禁忌医薬品(105成分)、妊産婦への使用が禁止されている医薬品(314成分)など、約9000の医薬品が該当する。

DURが全国的に実施されれば、不適切な薬品の服用を防止し、薬の事故を予防し、薬品乱用を減らすことができると期待される。全国の療養機関の併用禁忌または年齢禁忌処方件数は、06年1万1267件から、08年には2万6087件、今年前半は3万5485件と、年平均約2万2000件だ。


東亜日報から

回答する

回答する

回答

回答:2件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る