薬剤師のQ&A

業務に関するQ&A

質問

みやみやさん
調剤薬局

硫酸は劇物ではなく劇薬?

投稿者: みやみや    投稿日:12/02/19 19:23
お気に入りに登録
512view
2012年1月下旬、白河市棚倉町で硫酸入りバッテリー液を子供につけ、ほぼ失明に近い状態にさせた大変痛ましい事件がありましたが、そのときの報道においてNHKを含めほとんどのマスコミは法律上劇物に分類すべき硫酸を劇薬という表現を用いりました。(硫酸は10%を超え含有する溶液は医薬用外劇物の指定を受ける。)
マスコミが薬学的リテラシーもっていないのか、それとも劇物よりも劇薬の方がかっこいいからわざと使っているのか私は正直わからないです。

ただ劇薬を使っている商売なので引っ掛かります。以前自分が飲んでいるものが劇薬
に該当するみたいのだが、硫酸と同じ分類なのかとご質問をインテリの患者さんから他の薬剤師が聞かれわからなかったので、私が資料を使いながら説明しました。それで患者の信頼を勝ち取り、それからお家族全員のかかりつけ薬局にしていただき個人的には美味しい思いはしましたが、こういう報道のされ方は全体的に見たら明らかに営業妨害。
これをなんで薬剤師会とか厚生労働省は放置しているのかわからないです。
区別できないのが普通なのでしょうか?薬事法は足切りされなければ、薬剤師にはなれますけど。

劇物、劇薬の話になると国試前の予備校のMヶ洞先生の授業を覚え出しますね。
上記のような話をされてすごくおもしろかったです。先生曰くコナンもそうらしいです。わざわざ上京したかいがあった有意義な授業だった。国試はもちろん、その先でも役立つことが多かったです。少なくとも、先生の授業を受けたことある人間ならば報道について違和感を覚えるはずですけど。先生は必ず今年の国試対策でこの事件をとりあげていると思います。

参考資料
北海道薬剤師会のサイト 毒薬・劇薬、毒物・劇物より
http://www.doyaku.or.jp/soudanshitu/soudannzireisyuu/H21-4.pdf

回答する

回答する

回答

回答:7件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る