薬剤師のQ&A

医薬品に関するQ&A

質問

ハチゴーさん
調剤薬局

カテコールアミンが禁忌の場合レボドパ製剤はどうなるのだろうか?

投稿者: ハチゴー    投稿日:10/03/03 15:53
お気に入りに登録
473view
エフェドリン含有製剤とカテコールアミンは併用禁忌ですが、カテコールアミンであるドパミンの前駆体であるレボドパはどうなのでしょうか?
自分なりにいろいろ調べてみたのですが結論が出ませんでした。
例えばパーキンソン病でレボドパ製剤を服用しておられる患者さんにエフェドリン含有製剤が処方されることもあると思います。
(セキコデ、フスコデ、カフコデN等)

メーカーさんに問い合わせしたところ、

セキコデ:レボドパもドパミンになるということでできれば避けるか慎重に投与と考えている。

フスコデ:レボドパも体内で少なからずドパミンになるので禁忌と考えてい る。

カフコデN:添付文書に記載がなければ使っても問題ないと考えている。

ということでした。

自分の考えではドパミンの注射は心に移行するので禁忌だと思います。
レボドパの合剤も脳に移行するまでに少しはドパミンになってしまう
ので併用は避けた方がいいように思えます。量や患者さんの症状にも
よると思いますが・・
今回、メーカーさんで意見が異なっていたのでレボドパ製剤を服用中
の患者さんにエフェドリン含有製剤が処方された場合、商品ごとに
メーカーさんに問い合わせた方が良いのでしょうか?それとも何か
これに関するデータや良い情報があるのでしょうか?
初歩的な事で大変申し訳ないと思いながらも知っておきたいので
よろしくお願いします。

回答する

回答する

回答

回答:3件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19813件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月20日~07月27日

もっと見る