運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

医薬品に関するQ&A

質問

umeboshiさん
病院

アスパラカリウム散50%の1日上限量は?

投稿者: umeboshi    投稿日:18/02/01 12:12
お気に入りに登録
372view
カリウム製剤の換算についてネットで検索するといくつかの情報が確認できます。
換算時の注意点としては、各製剤のカリウムの組織移行性・生体内利用率が異なるため、「mEq」換算はダメ・・・という意見が多いようです。
そのため、各製剤の一般的な用量を比較して大まかな換算とし、K値を見ながら調整という方法が挙げられています。
私も、その様に考えています。

・・・と、前置きが長くなりましたが、実はアスパラカリウム散の1日上限量について知りたいのです(本題)

上記のようなカリウム製剤の換算について説明(解説?)しているサイトでは、


アスパラカリウム散50%の1日上限量は「6g」
(L-アスパラギン酸カリウムとして1日上限量は「3000mg」)


と記載があります。
これって本当ですか?(私が無知なら失礼)

アスパラカリウムの添付文書では、

L-アスパラギン酸カリウムとして、通常成人1日0.9~2.7g(錠:3~9錠、散:1.8~5.4g)を3回に分割経口投与する。
なお、症状により1回3g(錠:10錠、散:6g)まで増量できる。

となっています。

あくまでも1回投与量のMAXが50%散として6g(成分として3000mg)として記載してあるだけだと思うのですが。
そして、最大量に関して、1日の投与回数は明記されていないのですが、通常の用法を当てはめると、1日3回投与となり、投与量は18g/日(9000mg/日)となります。

ここで、アスパラカリウムの注射を考えます。
Kの1日MAX投与量は100mEqとされています。

アスパラカリウムで言うと、
1本10mLに10mEqつまり1712mgなので、10倍の17120mgを投与することが可能です。
注射と内服となので使われる場面や、吸収などの違いがありますが、この量は50%散にすると、34.24gに相当します。
ですから、アスパラカリウム散50%を、1日18g投与する事も可能だと考えます(実際には、ここまでの量を服用しているケースは経験ないですが)。


そうすると、上記サイトの「アスパラカリウム散50%の1日最大量は6g」というのは、根拠はどこにあるのでしょう?
私は見つけられずにいます。添付文書やIFを見落としていたり、誤解しているのでしょうか?

回答する

回答する

回答

回答:7件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1362件)

show

2018.02.14 new 281.たった50件程度に動揺する業界 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.02.07 280.新年賀詞交歓会を前にまさかのひと言 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.02.01 96.患者本位の「おくすり手帳」 【世塵・風塵】

2018.01.31 279.スケールメリットを真剣に議論する時期に 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.01.24 278.2月の発表に注目 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20485件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5776件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:02月12日~02月19日

もっと見る