運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

医薬品に関するQ&A

質問

秋風さん
調剤薬局

熱中症と経口補水液の指導

投稿者: 秋風    投稿日:18/07/19 15:40
お気に入りに登録
1349view
今年は、梅雨明けも早く、例年より厳しい猛暑続きですね。

この時期、経口補水液のCMが、頻繁に流れていますが、スポットCMの弊害はないでしょうか?
経口補水液飲んでれば熱中症にならないと、予防的な常用推奨とも受け取れますし、実際そう思っている人も多いと思います。

大塚のHPでは、
軽度から中等度の脱水状態の方の水・電解質を補給するのに適した病者用食品です。

とありますが、軽度の場合は自覚症状が、ほとんどないのが難しいところです。

OSー1のパッケージには、
医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください。医師、薬剤師、看護師、管理栄養士の指導に従ってお飲みください。

と記載されていますが、どのような指導されてますか?

スポーツドリンクと比べて塩分かなり高く、OS-1には、500mlあたり食塩1.5g含まれています。

高血圧学会では、高血圧患者の塩分摂取量は、6g未満にするよう推奨
(通常の食事で6gにするのは難しく、制限なしだと実際には10g以上摂取といわれる)。

NaだけでなくKも結構多く390mg(バナナ1本分)含まれています。

ブドウ糖も9g含有されてます。

薬局利用される患者さんは、健康でなく、高血圧、糖尿、心疾患、腎疾患などの慢性疾患を抱えている方が多いですが、このような疾患患者さんには、どのような指導されていますか?

炎天下で多く汗をかいたとき、高熱のときなど、適切に飲めば体の状態を良くしてくれる大変優れた飲料では、ありますが、隠れ脱水などもあり、
いつ飲むのか?
今でしょ❗ でもなく・・・・

特に慢性疾患のある患者さんから聞かれた時、どのように答えていますか?

回答する

回答する

回答

回答:22件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1428件)

show

2018.12.12 new 324.人材不足問題は新制度全体のネックに 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.12.08 new 325.薬剤師は目の前にある未来への意識を 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.12.05 new 323.卸が打ち明けた実態の衝撃 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.11.28 322.ついに法廷での決着に 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.11.21 321.盛り上がることなく手を離れた要指導薬 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(21046件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5506件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月06日~12月13日

もっと見る