運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

なんでも相談に関するQ&A

質問

senzyuさん
調剤薬局

新しい創傷治療ってどうなのっていう話

投稿者: senzyu    投稿日:12/11/29 09:59
お気に入りに登録
729view

そもそもブログに書こうとも思ったんですが掲示板のほうがみんなに見てもらえて、コメントつきやすいんじゃないかと思ったのでこちらに投下します。

新しい創傷治療
http://www.wound-treatment.jp/

知らない方もいると思うので一部引用します。
(できれば「湿潤療法」で検索を)


下記に述べることは正しいことだろうか? 正しい項目に○をつけて欲しい。

傷(裂傷,挫傷,縫合創,熱傷,褥瘡など・・・)は必ず消毒する。消毒しなければいけない。
傷は消毒しないと化膿する。傷が化膿しないように消毒している。
傷が化膿したので消毒する。
傷にはガーゼをあてる。
傷は濡らしてはいけない。縫った傷は濡らしてはいけない。
痂皮(カサブタ)は傷が治るときにできる。痂皮ができたら傷が治る。

恐らく,現役の医者・看護婦のほとんどのこれらに丸を付けるのではないだろうか?

実はこの全てが間違っている。この通りにすると,傷の治癒は遅れるばかりだ。
つまり,大部分の医療従事者は間違った知識を持っている。




今やご存じの方も多いと思いますが、
この湿潤療法をみなさまはどうお考えでしょうか?


ちなみに私は(珍しいと思われそうですが)懐疑派ではありません(笑)
でも、HPを隅々までみると、これは本当かな?っていうのは若干あります。

なので、その辺も含め意見交換したいな、と思っている次第です。

賛成、この部分は反対、初めて知ったぜ!などなど…なんでも広く意見を待ってます。

回答する

回答する

回答

回答:23件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1383件)

show

2018.04.25 new 291.高まる『対面』の再検討機運 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.18 new 290.全滅全敗と笑顔で話せる業界の感覚 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.13 学会レポート_患者さんが安心してがん治療を受けられ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2018.04.11 289.そちらでやるなら、こちらもこうする 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.04.06 がん患者さんの治療の伴走者として薬剤師に必要なこと… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(20650件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(15件)

show

ブログ(5801件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る