薬剤師のQ&A

なんでも相談に関するQ&A

質問

heさん
調剤薬局

製薬企業と薬局の提携

投稿者: he    投稿日:12/03/23 20:53
お気に入りに登録
283view
製薬企業のノバルティスと米薬局大手ウォルグリーンズが提携するそうです。
将来的に治験データを患者がアクセスしやすい全国展開の薬局で集めるのが狙いみたいです。
http://www.pharmalot.com/2012/03/novartis-and-walgreens-to-team-on-clinical-trials/

以下、個人的な意見ですが、

 製薬企業と薬局の提携は今後も続くと思います。患者とのコンタクトの機会を多く有する薬局の情報は、患者ニーズの把握、研究開発方針を考える上で欠かせません。また、個別化医療が進むにつれて電子カルテ、電子薬手帳の情報をどうやって集めるかも大事になってきます。
大衆医薬品事業を有する製薬企業においては、薬局と提携することで優先的に自社の一般医薬品を使用してもらえること可能になります。

 こんなことを考えてみると、今後、医療費削減によるプライマリーケアの推進が進むと予想されますし、製薬企業は薬局と早めに組んでおくべきであるように感じます。

 製薬企業は研究開発成功率、生産性の低下に直面しており、新たなビジネスモデルの創出が急務です。その結果、個人的には製薬企業が高機能型薬局、それを担う薬剤師(質の高いカウンセリング、バイタルチェックなどができる)を通じて、患者をダイレクトに治療する時代がくると思っています。そこでは、統合型製薬企業が自社ブランドの新薬、ジェネリック、大衆薬を駆使し患者、潜在的患者にhealth solutionを提供することになります。

回答する

回答する

回答

回答:3件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19804件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る