運営からのお知らせ

薬剤師のQ&A

なんでも相談に関するQ&A

質問

元祖SHINSHINさん
ドラッグストア

単純ヘルペスウイルス1型が、実は癌の特効薬だった

投稿者: 元祖SHINSHIN    投稿日:12/08/22 02:11
お気に入りに登録
522view
★「最新型ウイルスでがんを滅ぼす」

  帯:対がん戦争の最終兵器、「全ての患者にとって希望の書」鳥越俊太郎氏

  藤堂具紀(とうどうともき)著 文春新書 880円+税 2012.8.20.第一刷



著者は東大理3を出た脳神経外科が専門の超秀才。

頭のイイの人の書く書籍は、とてもわかりやすい。

まるで自分が藤堂氏になったかのような、研究現場の臨場感も味わえる秀作。



ひょんなことから、藤堂氏は米国へ無給研究に向かった。

そこでの1年半に渡る無給研究の間に、師匠だった米国教授の発明したものを凌ぐ、

遺伝子改良した単純ヘルペスウイルス1型:G47デルタを開発したのであった。



このウイルスは、癌細胞の中でだけひたすら増殖して、癌細胞を死滅させるという代物。

副作用もなく、今まで手術できず・放射線療法も効きにくく・抗癌剤もほとんど無効であった、

各種の致命的な癌に対しても効果がある可能性が高いという。



脳腫瘍の中でも最悪だという

グリオーマ(神経膠腫:しんけいこうしゅ)、現代の医療ではほぼ100%助からない。

その細胞を使用したインビトロ(試験管内)試験では、

U87MGヒトグリオーマ細胞が48時間で完全に死滅している。

(P.20写真)



もちろん試験管で上手くいったからといって、

人体で上手くいくかどうかが問題なのだが。



期待されているのは、脳・心臓・神経芽腫・肝臓・腎臓・膵臓など

骨髄腫や白血病を除いた(ヘルペスウイルスは元来、骨髄に影響を与えにくい性質があるため)、

広範囲なあらゆる腫瘍に対して。



ネックなのが、特許並びに開発費用だと。

特許権が米国にあり、アジア方面の特許をなんとか譲り受けることに成功したものの、

臨床開発する段になって人力・資金が足りず、

製薬企業の力を借りたいということであった。



厚労省など国から援助が出ているものの、

非常に苦しい状況だという。



また、米国においては、

いよいよ製薬企業(アムジェン社)がエントリーして開発に拍車がかかっている状況。



開発者である藤堂氏が、米国残留を蹴ってせっかく日本に帰ってきたのだから、

しかも東大がなんとか特許権の一部移譲に成功したのだから、

日本の製薬企業にも藤堂氏を応援してほしいものだ。



武田薬品とか、大正製薬とか、どーでっか???

これに喰いつかなくっちゃ、製薬企業じゃねーだろ~(笑)



★「医薬品クライシス ~78兆円市場の激震」

  佐藤健太郎著 新潮新書 700円+税 2011.1.10.第八刷



ところでこの書籍には、

現在の医薬品企業における

とっても苦しい現状が赤裸々に語られている。



医薬品スクリーニング技術は「アホかいな」というくらい進化しているのに、

新薬がほとんどと言っていいほど、できないのであった。



だから、このG47デルタに喰いつかなくっちゃ、明日はないだろ~♪

回答する

回答する

回答

回答:0件
お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る