薬剤師のQ&A

試験に関するQ&A

質問

pianikaさん
ドラッグストア

それぞれの薬のCYPについて

投稿者: pianika    投稿日:12/12/25 00:16
お気に入りに登録
695view
国家試験の対策の本にCYPに関する問題がありました。その問題は

ある患者の血圧コントロールを改善するために、ニフェジピンを他薬に変更したい。結核治療のための薬(イソニアジド、ピリドキサール、リファンピシン)は継続するとして、選択可能な薬物の正しいものを2つ選べ。

1. トリクロルメチアジド
2. プロプラノルール塩酸塩
3. フェロジピン
4. カンデサルタン シレキセチル
5. エナラプリルマレイン酸塩

というものです。
この答えは、1.4ですが、2,3,5はリファンピシンにより代謝酵素が誘導されるため、不適だということです。(ニフェジピンがリファンピシンにより代謝酵素を誘導された結果、効果が減弱しているので、代謝酵素に影響を受けない薬?を選択する問題のようです。)

ここで一つ疑問に思ったのは、これらの薬はどのCYPで代謝されるかを覚えていないといけないのでしょうか。それともこの問題は肝代謝か腎代謝かを問いたかっただけなのしょうか?

また実際病院や薬局などで働くとき、どれくらいCYPなどの相互作用は気にするのでしょうか。もしかなり気にするとしたら、何から情報を得るのでしょうか?

回答する

回答する

回答

回答:25件


お探しの情報が見つからなければ
薬剤師のQ&Aに質問する

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月18日~07月25日

もっと見る