ココヤク運営部ブログ。
「ココヤク」の中の人、福井です。
サイト活用方法にまつわる情報を、随時、発信していく予定です。

ココヤクさんのブログ

ココヤクさんのプロフィールへ
その他

徹底してやり続けることの価値(映画『ハーブ&ドロシー』)

投稿者:ココヤク 投稿日:11/01/16 19:14 view52view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:44人


▼公式HP『ハーブ&ドロシー』





久々に映画を見てきました。
題材は「アートコレクター」。
 
といっても大金持ちの道楽的な話ではなく、
つつましく生活していた米国の夫婦が収集した数多くの現代アートの数々が、
50年経ってみると素晴らしい価値があることを丁寧に追ったドキュメンタリー
です。
 
主人公は2人。
郵便局員の夫、ハーブ。
図書館司書として働く妻、ドロシー。
二人ともとてもキュートなご老人です。
 
 
「激安で最高のものを」と作家に求め、ギャラリーなどを
梯子し続ける姿は徹底していました。
 
夫妻は、妻ドロシーの給与を生活費にし、夫ハーブの給与は全て
アート作品の購入に費やしていたそうです。
自分たちの好きなものに徹底して取り組む姿は
鬼気迫るものがあるのですが、お二人の容姿がほんわかして
いるのでなごみます。
 
 
 
彼らがいくつもの失敗を重ねてきた中で定めた掟として
1.作品がアパートの1室に入るサイズであること
2.身の丈にあった価格の作品を購入すること
の2つを挙げています。
 
取組を良くあらわしているのは、彼らは「購入した作品を一度も売らなかった」
ことです。
好きな作品に囲まれる生活の幸せ感がにじみ出てくる
映画でした。
 
 
 
私自身も小さな版画をオークションで落札したことがあります。
ドキドキしましたし、1万円ほどの値段だったので躊躇しましたが、
今では生活の中に自分の気に入ったアート作品があることで、
気持ちが豊かになることを実感しています。
 
 
 
明日は仕事帰りにでも花を買って帰ろうかと思った
1日でした。
 
 
アートに興味のある方はぜひご覧になってみてください。


▼公式HP『ハーブ&ドロシー』
▼上映先




 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る