運営からのお知らせ

ココヤク運営部ブログ。
「ココヤク」の中の人、福井です。
サイト活用方法にまつわる情報を、随時、発信していく予定です。

ココヤクさんのブログ

ココヤクさんのプロフィールへ
その他

医薬品のネット通販事情を学んできた

投稿者:ココヤク 投稿日:11/12/07 17:56 view119view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:44人

 昨晩はケンコーコムの話を伺いにセミナーへ行ってきました。
 
 
 
 
医療産業に関わるセミナーが通年で開催されていて、
昨年は1年を通じて参加しましたが、今回は単回での参加です。
 
テーマは「世界と日本の医薬品ネット通販」の現状についてでした。
 
セミナー講師は、国に対して裁判を起こしているケンコーコム株式会社
の後藤社長が務めていらっしゃいまいした。
 
 
米国、イギリス、ドイツと比較し、日本の医薬品ネット
通販規制がどの点で異なり、どの点が一緒なのかを事例を
合わせて分かりやすく説明いただけたのが有難かったです。
 
一般用医薬品だけではなく、医療用医薬品のネット通販も
可能となっている海外の事情を知り、自分自身の将来の立ち位置を
考えるにあたってとても良いインプットになりました。
 
規制はチャンスと捉えて、変化に対して半歩先を行かねば、と
気持ちを入れ直した次第です。

 
 
以下に簡単ではありますが、概略をまとめておきます。
参考までどうぞ。
 
 
■全体
日本はH21年6月から「医薬品のネット販売は原則禁止」
世界では、一般用医薬品のネット販売が認められている国あり
さらに、世界では処方せん医薬品のネット販売が認められている国もあり
 例)米国、イギリス、ドイツ
各国で医療制度が異なることを考慮しつつ、日本の制度について考える必要あり
 例)ドイツは日本と同じく国民皆保険
 
■米国の場合
医薬品分類として、
 1.処方せん医薬品
 2.非処方せん医薬品
 
販売方法として、
 1.処方せん医薬品 →薬局
 2.非処方せん医薬品 →薬局、一般小売店
 
ネット販売について、
 1.処方せん医薬品 →○
 2.非処方せん医薬品 →○
 ※処方せん、非処方せん問わず、合法的にネット通販可能。
 ※処方せんは医師から交付された処方せんが必要
 
■イギリスの場合
医薬品分類として、
 1.処方せん医薬品
 2.薬局販売医薬品
 3.自由販売医薬品
 
販売方法として、
 1.処方せん医薬品 →薬局
 2.薬局販売医薬品 →薬局
 3.自由販売医薬品 →薬局、一般小売店
 
ネット販売について
 1.処方せん医薬品 →○
 2.薬局販売医薬品 →○
 3.自由販売医薬品 →○
 
■ドイツの場合
医薬品分類として、
 1.処方せん医薬品
 2.処方せん医薬品以外
 3.自由販売医薬品
 
販売方法として、
 1.処方せん医薬品 →薬局
 2.処方せん医薬品以外→薬局
 3.自由販売医薬品 →薬局、ドロゲリー
 
ネット販売について、
 1.処方せん医薬品 →○(許可制)
 2.処方せん医薬品以外 →○(許可制)
 3.自由販売医薬品 ○
 ※日本同様、禁止されていたが処方せん医薬品と
薬局販売医薬品の通信販売が2004年から許可制
 
 
以下は「日本のネット通販の規制状況」につき、
ココヤクでも取り上げてきました。

ご興味があればご覧ください♪
 
ココヤクで取り上げた「ネット通販がらみ」のニュース、記事
◆薬局レポートNo.17
 
◆薬局レポートNo.214
 
◆薬局レポートNo.245
 
◆薬局レポートNo.249
 
 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 new 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19585件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5545件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月20日~04月27日

もっと見る