傾眠日記
アルコール燃料昼行灯

ゲデオンさんのブログ

ゲデオンさんのプロフィールへ
その他

PH-Cafe まだまだこれから

投稿者:ゲデオン 投稿日:10/10/04 10:20 view49view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:9人


 生涯教育も含めて、勉強する場所を作ろうというのが目的で作ったPH-Cafe。

本当は、ファーマカフェで作りたかったけど、既にどこかの薬剤師人材会社か何かがドメイン取得していた。
私のもともとの専門はデータハンドリングなので、昔導入した革新的システムPH-ClinicalってもののPHをもらって、PH-Cafeとした。
今回、第6回になるけれど、知人や協力者のおかげで、間欠的に開催されている。ココヤクの方々にも有形無形の協力を頂いているし、最近はtwitterやMixi経由でも参加して頂いている。

基本的に「私が知りたいこと」がテーマになっているけれど、何か有意義なモノを伝えたいというものでもある。

今回は、長年付き合いがある友人が講師をしてくれる。彼とはいくつかの薬剤の開発で一緒だったし、それより彼の奥様や子供達とも家族づきあいだったりする。一緒に呑みに行くたびに、当局との折衝や行政の話をしてくれる。
薬事という仕事は、当局との折衝や通知の解釈等、経験によって成り立ち、成長する職業だ。従って、経験した年数がそのまま実績と言っていいと思う。

臨床開発に携わった人間にとって、薬事というのは「社内厚生省」と陰口をたたくような、社内でもお役所的な部署だった。
当局からの通知や薬事関係の書籍は、ロッカーに鍵をかけて決して我々に見せないような薬事課長がいた。生意気な若手だった私はある日、「本くらい皆に配ればいいじゃないですか?みんな使うんですよ!」と抗議した。
すると、かの課長曰く 「そんなことをすれば俺の仕事がなくなるじゃないか」

というわけで、薬事なんて大嫌いだったのですが、後の会社で彼と出会い、年齢も近く、プロジェクトメンバーとして一緒に仕事をするにつれ、この薬事という仕事がいかに重要且つ必要であるかを認識しました。その当時から「開発薬事」ってポジションが出来たのですがね。

というわけで、様々な医薬品や医療機器が日の目を見るために、どういった当局との交渉が行われ、その中でも「え~?」とか「へ~?」とか「アレ?」とかの話を聞くことが出来ます。

皆様、忙しいこととは思いますが、ご興味があれば・・・ 詳細は、ココヤクのセミナー情報にあります。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る