傾眠日記
アルコール燃料昼行灯

ゲデオンさんのブログ

ゲデオンさんのプロフィールへ
その他

長い道のり

投稿者:ゲデオン 投稿日:10/10/07 06:04 view75view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:9人

 先般承認になった抗がん剤に関わっていた大先輩を招いてささやかなお祝いをした。

その薬は、私も以前その会社で関わっていたものだ。

5年半。それがこの薬にかけた時間である。既に欧州では長く使われてきた薬なので、日本では主に臨床試験を実施した。

申請の苦労話を伺ったが、もう40数年もヒトに使われてきた薬なのに、今更、ネズミを使った薬理試験をやれと言われたらしい。
なぜに今更ネズミ?
結果、ネズミで効果がなかったからといって、ヒトで有効であることがわかっていることが否定されるのであろうか?

既存の薬剤が効かなくなった患者さんが、待ち望んでいるのに、無駄な試験を行うことによって承認が半年は遅れてしまう。
マニュアルでしか仕事をしない技官も多い。

結局、その試験がいかに無駄かということを説得するより、無駄と知りつつ、一千万近い費用と半年の時間をかけてネズミの追加試験をしたそうだ。

ドラッグラグの現状がここにもある

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5680件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:10月16日~10月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月16日~10月23日

もっと見る