傾眠日記
アルコール燃料昼行灯

ゲデオンさんのブログ

ゲデオンさんのプロフィールへ
その他

医師不足?

投稿者:ゲデオン 投稿日:10/10/12 17:09 view57view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:9人

調査対象施設に 「医師は足りていますか?」と聞けば、「○人不足しています」と回答する。

もし、十分な医師が確保されていれば、「0人」と回答される。

平均をとれば、必ずマイナスの数字になる。 どんなに医師が多い都会でも不足の数値しか出てこない。

2万4千人の医師を増やせば、この数値は改善されるのか?と考えてみても、医療事故やリスクの高い医療行為を避けたり、拘束時間の長い診療科は避けられる現状もある。
医師は全て、赤ひげ先生やドクターコトーではない。世襲以外の開業医が、まず考えるのはいかに患者を獲得するか?であり、儲かるかどうかが大きな要因になる。
近年、医師の人材バンクが盛んで、学会などに行っても目立つようになってきた。勤務医が転職希望するのは、地方より都会、大阪よりも東京である。

医師が背負う責任に見合うメリットは何か? 「先生」と呼ばれ名士としてのステータスが、それを埋め合わせる要因であった時代は過ぎてしまったのかもしれない。大昔は地方での治験は楽だった。「先生は神様」だったから、患者さんからの同意書は100%だったし。
医師が高収入なのは、その責任に見合うメリットなのかもしれないけれど、その診療報酬も格差があったり、少ないとの批判を受け、増やす方向に動いている。増えた医療費は誰が負担するのかはわかりませんが。

医師不足の解消方策として「特定看護師」等の意見も出ているが、医師の裁量を脅かす治療行為はさせたくない医師会の抵抗も強く、結局、医師自らの首を絞めているようにも思う。薬剤師や救急救命士の権限拡大制限もその一つである。

実際に、医師の足りない地域や病院で耐えている医師も多い。行政や医師会、マスコミがもっと多角的な面から真摯に対応すべきだと思う。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る