運営からのお知らせ

傾眠日記
アルコール燃料昼行灯

ゲデオンさんのブログ

ゲデオンさんのプロフィールへ
その他

美容と医療

投稿者:ゲデオン 投稿日:09/06/03 18:36 view28view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:9人

前に長らくお世話になった米国の会社で関わった薬は、なぜだか美容に関連がある。

一つは、難病治療で始めた開発なのに、その適応取得後はライセンスアウトされ、気がつけば適応追加で超有名な美容薬剤に。

もう一つは、ライセンスアウト後、目的の適応で承認が得られたものの、承認条件で「海外では美容目的での使用が報告されているので、本邦では十分管理しなさい」ってついたらしい。

この二つ。 全く違うものなれど、どちらも美容に有効であるらしい。

個人的には、「病気で困っている患者さんのために」という大義名分でこそモチベーションを煽りたいのですが・・・
もちろん、「美容」よってQOL向上に伴い、使用者がハッピーになることも理解はしていますが、そこら辺りは資本主義社会における大人の仕組みということでね。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る