garbage
どうでもいいこと、書いたり書かなかったり。

たすくさんのブログ

たすくさんのプロフィールへ
その他

医学と哲学

投稿者:たすく 投稿日:16/09/13 01:26 view69view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:2人

医学が哲学に回帰していると、ふと感じた。
​ふと感じただけで、実際のところ医学・哲学を語れる教養もないけれど。

​NBMの提唱 語ること dialogueの重要性。
​QOL、QOD いかに生きていかに死ぬかということ。
トータルペイン、健康の定義に含まれるspiritualという言葉。
​ついに自分の働く病院でも見かけた臨床宗教師。

どれも比較的新しい言葉・概念ではないだろうか。
​そこにスポットを当てて取り上げる必要性があったから言葉・概念が作りだされたわけで、
​すなわちそれ以前はなおざりにされていたのではないか。

​医学が発展して、選択肢が増えて、哲学に戻ってきた。
​生涯一度も病気にならない・医療機関に縁の無い人はあまりいないだろう。
どのように生きて、どのような医療を受けて、どのように死ぬのか。
医療を提供する側も受ける側も、そういうことに向き合う時代がきていると感じる。

…というわけで、感染管理・精神科薬の本と一緒に哲学の本を買ってしまった。
​本を見ていると時間とお金が飛んでいく…

 

コメント

回答:2件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る