お邪魔します♪
忽然と姿を消したこともあったけど…。いろいろ気になっちゃって。
(メインブログはgooで書いています。)

ゆうこおばさんのブログ

ゆうこおばさんのプロフィールへ
調剤薬局

過誤過誤過誤…

投稿者:ゆうこおば 投稿日:13/02/10 20:24 view339view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:45人

出勤して主任に名前を呼ばれるとドキっとする。

げげっまたやらかしちまったか?

過誤がコワイ。自分が信じられない。だってうっかり者だから。

過誤の時って監査時にひっかかるものがあったり渡したあと薬歴記入時にあれー?って思ったりする。
一番多いのが家に帰ってから突然その場のシチュエーションが脳裏に浮かびちゃんと合ってたか心配になる。

惑わされやすい性格なのでピッキングミスをスルーしてしまうことが稀にある。
「早くしてください!」なんて患者様からせかされたり、クレームで怒られたりすると動揺してしまう。

一番最悪なのは過誤のあと過誤報告書を書きながら凹んでしまい連鎖反応を起こすこと。
新人ならば過誤報告書の記入の時間を与えられるがベテランは仕事の合間合間に報告書を作成する。
気持ちを切り替えないと冷静にはなれない。

患者様とのやりとりがうまくいかないとその後のリズムが崩れて過誤を起こしやすい。

薬剤師はノーミスで当たり前。だから睡眠時間は十分に取り心身ともに健康じゃないといけないとされている。
でも現実的には無理っ!生きてるんだからいろいろある。
朝からずっと精神統一し集中してるからどうしても途切れる瞬間がある。(イイワケは許されないんだけど…)

過誤が原因で職場を去ったり首をくくる人さえいる。

なのに過誤をあまり気にしない人もいる。

いちばん嫌なのは間違えてなくても証拠がないから患者様がないといえば過誤になるケース。不足分をお渡しするからには過誤報告書を作成しないといけない。

中にはピッキングミスだからピッキングした人が悪いとか、渡した人が気がつかないのが悪いと言う薬剤師が稀にいる。
でもそれは違うと思う。処方箋に監査印を押すということはこの処方箋の調剤は私が責任を持ちますという意味。
薬剤師は責任が重い仕事だ。毎日調剤室にいると慣れっこになって忘れてしまう。

ヘラヘラ話しながら監査したりふざけたりする薬剤師がいる。公私混同するのは良くないと思う。
実務実習が始まるとどうしてもリズムが乱れて過誤が増える。だからこそ監査する薬剤師は集中しないといけない。

過誤報告書を書いたら同じミスをしないよう反省する。反省したら気持ちを切り替えて新たな気持ちでまじめに取り組む。
いつまでもひきずっては仕事にならない。

だけど凹むものは凹む。そんなときなぐさめてくれる同僚はありがたい存在だ。
一緒に仕事をするんだからいがみあわないで助け合えるといいよね。仲間は大事にしないと。

幸い重大な過誤は起きてはいない。でも気を付けないと。慎重に慎重に。なおかつスピーディーに。
薬剤師さんって大変だね。




コメント

回答:4件

記事・レポート(1406件)

show

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 new 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

2018.08.01 305.オンライン服薬指導は待ったなし 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20860件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(11件)

show

ブログ(5399件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る