お邪魔します♪
忽然と姿を消したこともあったけど…。いろいろ気になっちゃって。
(メインブログはgooで書いています。)

ゆうこおばさんのブログ

ゆうこおばさんのプロフィールへ
調剤薬局

うらしまたろう~オフが続きすぎたから

投稿者:ゆうこおば 投稿日:14/07/29 04:21 view705view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:45人

諸事情で今月のシフトは前半に集中していて後半は少なく、先週はな、なんと土曜日午前中のみ。
先々週の土曜日~まるまる1週間オフが続き、久しぶりに出勤したらうらしまたろう状態。

実務実習の学生さん、先週で実習終了だったみたいでさようならを言いそびれてしまった。
OTCのロールプレイもう2症例できるとよかったんだけど、なんだりかんだりでできずじまい。

1期の実習を受けた学生さん、お疲れ様でした。感想は?と聞きたいところですが…。
以前は結構学生さんのブログがあったりしたけど、今は制限がかかってるみたいで、SNSに書き込むとお叱りを受けると聞きました。
悪い意味のブログやカキコミはたしかにタブーかもしれませんが、情報交換や悩みを打ち明け合うのって大事じゃないかなって思うんだけど…。ベールに包まれた世界って感じかな。

期待に胸をはずませて実習に行ったのに、こんなはずではなかったと落胆した人や、自信があったのにじぶんのふがいなさに凹んじゃった人とか、逆に思ったほど仕事が面白くなくてガッカリした人とか…。
ひきこもごもですが、今回の実習先はほんの一部に過ぎません。

病院も調剤薬局も先代から受け継がれた伝統とやりかたが色濃く残っていて、結構自己流だったりします。特に病院は封建的で古き良き伝統ならまだしも、悪しき風習もかなりあったり…。

6年制卒の方が新風を吹き込んでくれれば良いのですが、新人いじめや新しい物を受け入れようとしない日本独特の風習が邪魔をしていたりします。

薬局、医局。局(つぼね)という字がついていますが、長いものには巻かれろ、出る杭は打たれる。
実力があればあるほど風当たりは強く、さばける人はやっかみに苦しんだり。

間違えてるのに間違えてると指摘すると、正しいことを言ったのに左遷されたりクビになったり。社会って学校と大きく違う。

さぼり上手や上司やリーダー格の人に取り入るのが上手な人は薬局長や経営者のお気に入りだったりします。ヘタに直談判しようものなら顰蹙を買った挙げ句に針のむしろなんてのは多々ある話。

正義感が強い人は職場では苦労の連続。気になることばかりだし、意地汚い人間の本性が見えてしまうから「こんなんじゃないっ!」なんて嫌気がさしたり。

長続きのコツは上手に泳ぐこと。
誰が権力があって、誰がまじめで、誰がこずるいか。毎日一緒に仕事していると結構人間性が見えてくる。
でも、いい人そうに見えても実はちくり魔だったり、さぼってばかりいるのに自己アピール上手だったり。
ヘタに他人にかかわらず、自分のポリシーをしっかり持って自己研鑽に励み、最大限の努力をして、患者様(お客様)に精一杯の誠意を込めて接客する。ミス(調剤過誤)をしない。会社(病院や薬局など)の経営方針に従う。同僚と深入りしすぎず、お互いを尊重し合い上手におつきあいする。
でもこれがすごーく難しい。退職理由の8割は人間関係じゃあないだろうか。

薬剤師はそもそも優秀じゃないとなれない。根気があって好奇心旺盛で…。
だから変人が多い。気が強くないと学生時代のハードな日々を乗り越えられない。だから性格がキツイ。

そもそも自分が一番!って人たちが集まって仕事するんだからもめないほうがおかしいんだよ。
なんでそんなことを言うの?とかやり方違うんじゃない?とか思うけど…。
それぞれにいいぶんがあり理由があったりする。

とにかく面倒くさい世界。問答無用って言葉がぴったりかな。で、切り捨て御免でリストラってかい。

自分の身は自分で守る。発言には責任を持つ。(患者様とのやりとりもだよ)。
薬剤師は複数いても自営業みたいな物。1枚1枚の処方箋に自ら責任を持ち、処理していかないといけない。ミスをすれば訴訟問題に発展することさえあるのだ。たとえ処方に不備があっても指摘しない責任を問われる。だから疑義照会はとても大事。

薬剤師は国民のために…。薬剤師法第1条第1項にうたわれているように公衆衛生もふくめて薬事全般にわたって司る尊い職業なのだ。国家資格で「先生」と呼ばれるのにふさわしい。
なのに適当な仕事をしているって人が結構多かったりする。で、名誉よか名声とか…。変なの。

人それぞれだから口出しする筋合いはないんだけど…。余計なこというと墓穴掘る。でも正義感が強いと許せなくなったり。薬局長なんて役職に就くとなんとかしなきゃと胃に穴があく。

大変な仕事だけど肩の力を抜くところは抜き、妥協も大事。
よかれと思っていったことがクレームに発展し、あたりまえのことが感謝されたりするから不思議だ。
接客に極意などないと思う今日この頃。とにかく自分で納得がいく仕事ができるようになりたい。ただそれだけ。なのに雑念とくだらないことに振り回される。それは人間だから。
ヒューマンエラーも時々あったりする。人間だから完璧はあり得ない。

管理職は部下を責めずに広い心でフォローすべきだと思う。
他の医療関係者から信頼され、部下から慕われる上司でありたいと思って仕事してきた(←昔は薬局長だった。70床位の個人病院だけどね。)
でもこの歳になって思うのは、気負いすぎはよくない。まわりの人間は自分が思うほど仕事熱心じゃなかったりするし、育った環境も人生観もなにもかもが違う。だから理想と現実は切り離して考えないと疲れる。
大事なことは今手に持ってる処方箋をちゃんと読んで、ひとつの間違いもなく患者様にお薬をお渡しし説明と必要な事をやりとりすること。そして薬歴として記録すること。それをなんどもなんども繰り返す。どの処方箋も同じ様に。どの患者様も同じ様に接しないとサービスが不公平になる。迅速に、正確に。そして笑顔で接客。嫌な事があっても気持ちをすぐに切り替える。

これからの薬剤師は高度医療に対応できるように常に勉学に励み、上手に気分転換をして精神を落ち着かせ、迅速に正確に数多くの処方箋をさばき、患者様やスタッフから信頼されなければならない。
そして介護相談や在宅看護の相談も含めてセルフメディケーションのアドバイザーとしても活躍しないといけない。と、社長が昼礼でおっしゃっていた。
医療業界は今変動の時期を迎えている。薬業界も激動の渦の中。
こんなときだからこそ自分を失わずに与えられた任務をしっかりと全うしたいものだ。

なんて偉そうに書いてみたけど…。
マジでヤバイです。薬剤師もクオリティを求められる時代が到来したようです。
「お薬のことはあなたに聞きたいの。」と言われたらその信頼に応えられない自分が嫌だからずぼらなゆうこでも勉強しないと、って思う。本はたくさん買ってあるし。買って満足しちゃってたけど読まなきゃ意味ないよね。毎回質問が出る度にそこを重点的に勉強すればやがてプロとして一人前になれるのではないかと。

大先輩から「ブレイン君に言われたことが悔しいなら、それをバネとして二度と言わせないようにレベルアップしちゃいなさいよ。彼を越えてしまえば気にならなくなるから。」とお言葉をいただいた。

目覚めないと。残された現役人生はあと6年ぽっちだから。早く気が付けば良かった。
うじうじ悩んでる場合じゃなくて「ヨッシャ。俺にまかせとき!」と言えるくらい頼もしくなりたいものです。後輩に引き継ぐ物は悪しき伝統じゃなく熟練の技と、薬剤師として自分が習得した様々なもの。先輩から後輩へしっかり引き継いでいけば薬剤師の将来は明るいけど、悪しき伝統引き継いでばかりでは滅びても仕方ないかな。

老いては子に従え。若い人の知識や斬新なアイデアや柔らかい思考はすばらしいものがあります。どんどん吸収し、日々の業務に取り入れていくのも大切なことなんじゃないかな。
勤務先では若い薬剤師さんがいいアイデアを次々出してくれて作業しやすい環境が整っていきつつあります。様々な世代がそれぞれの持ち味を活かすってステキ。そのためにはお互いを尊重し、我慢する部分も必要でたまった愚痴やストレスのはけ口が必要。世の中ってそんなもん。

コメント

回答:20件

記事・レポート(1341件)

show

2017.08.23 new 256.先取りしていた環境省の資料には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19857件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5622件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:08月17日~08月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月17日~08月24日

もっと見る