仕事の悩みブログ
仕事の悩みについてのブログ書いていきます。

忠幸さんのブログ

忠幸さんのプロフィールへ
ドラッグストア

副作用について

投稿者:忠幸 投稿日:12/10/18 00:12 view540view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:2人

副作用について聞かれました。副作用 とは、医薬品の使用に伴って発現した好ましくないできごとのうち当該医薬品との因果関係が否定できないものとあります。
セロクエルを飲んでいる患者さんに薬を飲んでからか、鼻炎があるとの訴えがありました。添付文書上では鼻炎1%未満と記載されていましたので報告はあると伝えました。
この患者さんの鼻炎(正確には鼻づまり)は薬によるものなのか、ただのアレルギーか、どう判断すればよろしいでしょうか。
ある患者さんにはこう聞かれました。「副作用なにがある?」
その患者さんはリピトールを服用していました。重篤な副作用に横紋筋融解症がありますが、その初期症状の筋肉痛、脱力感、尿が赤くなるなど伝えたところ、筋肉痛はいつもあるとおっしゃっていました。
この副作用で亡くなる方もいらっしゃるので、正確なところは病院にいって検査しないとわからないので医師につたえてくだいといいました。
副作用は何がある?と聞かれたときに添付文書を読めば、いろんな副作用が記載されていますので何を伝えればいいのか。例えばACE阻害剤でしたら咳が出やすい、抗ヒスタミンなら眠気でやすいなど大学で習いましたが、どこまで副作用について伝えればいいのか。生活習慣に支障がでるのであれば、薬を変更することも考え他の薬に変えてみてみるのもいいかもしれないですし、副作用を説明して薬を飲まなくなってしまうのもどうかと。そもそもいろんな種類の薬を飲んでいる患者さんでしたら副作用の特定は困難かと思います。
薬の副作用なのかそうでないのかも判断するのは難しいです。

コメント

回答:1件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る