運営からのお知らせ

bobのつれづれ日記
日常で起きた出来事、感じたことを書いています。

bobさんのブログ

bobさんのプロフィールへ
病院

「怒る」と「叱る」の違い

投稿者:bob 投稿日:13/07/29 11:18 view160view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:1人

最近、Aさんに怒られてばっかりです。
自分も悪い点はある、それは十分に理解しているんですが…
ただ、怒られても全く心に響かないというかどうにも納得がいかないんですよね…
(まあこういう感じだから余計に怒りたくなるのかしら…)
だけど、他の人に怒られると納得や反省できたりするんですよね。

最近、この違いはなんだろうな…と考えてみたんです。
自分なりの結論がタイトルではないかと…

この2つ、 辞書の上では意味はほとんど一緒みたいで、広辞苑には「おこる」の意味に「叱る」って書いてあります。
ただ、私には全く違うように感じられ、いろいろ調べた中(私なりに)もっともしっくりくるのが以下の文章でした。
 
 
 
「自分のために怒る。相手のために叱る。」

「怒る」とは、自分が腹を立てたことを相手に感情的にぶつけ、うっぷんを晴らしたいとか相手を困らせたいとかそんな理由ですることで、自分の感情のままに怒り、相手がそれで困ろうが知ったこっちゃない!
それが、「怒る」ということだと思うんです。

一方、「叱る」とは、相手をよりよくしようと注意やアドバイスを与え、本人が同じ間違いを繰り返さないために、語気を強める行為だと思うんです。

したがって、私の場合、
Aさんからは「怒られている」と感じ、そのほかの人は「叱られている」と感じている為、受け取り方が違うんですよね。



…と長々と書きましたが、
実際に、Aさんから「怒られる」場合、基本的に感情のままに言いたい放題言われ、最後には「勝手にして!!」とヒステリックに怒鳴られるんで納得も何もないんですが…




みなさんには同じような経験はありませんか…?



 
 
 
 
 
 
 

コメント

回答:1件

記事・レポート(1389件)

show

2018.05.26 new がん薬物療法の進歩に期待される薬剤師の役割とは? 【特集記事】

2018.05.23 new 295.勤務する薬剤師の居場所を 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.16 new 294.騒動の行方は。 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.09 293.来場者が行動で示した潜在的関心 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.05.03 99.サラリーマン薬剤師 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20698件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(19件)

show

ブログ(5333件)

show

求人情報

show
カレンダー
ブログ履歴

よく見られているブログランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る