運営からのお知らせ

分析大好きsenzyuのブログ
化学分析大好き人間による薬疑心暗鬼ブログです。

senzyuさんのブログ

senzyuさんのプロフィールへ
調剤薬局

ジェネリックが嫌われる理由 ビヨンド

投稿者:senzyu 投稿日:12/11/07 21:53 view217view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:119人

 
 
前のつづきです。 ビヨンド!(誤用なのは知ってますのでそこはつっこまないでください)
 
ジェネリックはなぜ嫌われるのかという話。 
 
 
前回は心理的にジェネリックは嫌われやすいんじゃないのという話を書きました。 
 
 
あともう一つの大きな理由が、大手先発メーカーのがんばりだと思うんです。 
 
 
医師であった私の亡き父親もジェネリックはダメだと信じてました。 
まぁ、あまり興味なかったのかな。 
 
「あれだろ?のんだ薬がそのまま吸収されずに便として出てくるんだろ?」といってました。 
(前回にも同じ内容のコメントをいただきましたが、もしかしたら全国的にいわれていたんですかね。)
 
いやいやいや。 
私はそれはないと思います。
いったいどこからそんな話がでてきたのでしょうか。 

想像ですが、
先発メーカーの人なんかとゴルフにいったときにそんなことを吹き込まれたんじゃないかと思ってます。 
今はともかく、昔は後発なんかほとんど話題にもされなかったでしょうから、
それらの情報が入るとしたらMRさんかな~と思う訳です。

医師からしてみれば、ジェネリックなんて処方しなけりゃ、
それがいいものであれ悪いものであれ患者さんから文句いわれることはない訳だから、
「どうせダメなんじゃねぇの」と思考停止してしまうことができますからね。 
 
もしかしたら、昔は本当に質が悪かったのかもしれないですが、試験だってある訳です。
ダメであれば製造中止になってしまうし、それ相応の設備がなければ製造の許可だってもらえないでしょう。
 
そもそも、胃腸で溶けないくらいの固く丈夫な錠剤を作るなんてどんだけ雑なんだって話です。 
そんな難しいことじゃないと思うんですよ。
溶ける材質をそもそも使ってるんですから溶けて当たり前のはずなんです。
なんで溶けない。超魔術でしょうか?


結合剤が多い?
崩壊剤が少ない?
コーティング剤が多すぎる?
水分(湿度)など乾燥度合いの問題でしょうか?


機械が分量を間違えまくるのでしょうか?
乾燥させる時間を機械が間違えるのでしょうか?
あるいは材料となる添加剤の純度が悪いから起こるのでしょうか?


考えれば考えるほどおかしい気がします。

また、GEは先発品が発売されてから10年ぐらい後に発売されますよね。
つまり、機械や製法など、GEは先発より10年新しいものを使っているともいえます。
まぁそうでない場合もあるでしょうが、
10年前の機械のほうがミスを起こしやすいような気がしないですかね~。

実際、メーカーによっては先発品も自主回収になることありますよね。
しかし、誰もが先発品を「標準」と思っていているから、いざそういうことになっても、
誰も「だから先発品はダメなんだ」とはいいません。ジェネリックではそうなりますが。


話が製造の方にそれちゃいましたが、
そんなエピソードがあるくらいジェネリックは悪口をいわれがちだという話です。
 
 
それからお金のある先発メーカーは、なにかと接待もするでしょう。 
人間同士のつきあいだから、医師だって仲良くしているメーカーの薬を使うのは当然といえば当然です。 
ただ、こういったことも普及しない理由につながっていることは間違いないと思うんです。 
 
ただ、それはそれ。 
「いいじゃん。仲良くしてるんだからさー」と開きなおってくれればいいんだけど、
なんやかんやとごまかそうされると、私もムキになってしまう。 

「先発メーカーは情報をくれるから先発がいいんだ」というのも、
その手のたぐいの言い訳のように私には聞こえます。
そもそも先発と後発は「同等の薬」なのだから、
100%とはいかないまでも、先発の情報を後発にもいかせるはずです。

よく「海外のこんな研究データがある!」なんて話になりますが、
その情報の人種差によるズレはよくスルーされます(むしろ海外のものだから優れているかのように思う方もいるでしょう)が、
この先発後発の添加剤の違いによるズレは問題視されることがあるというのも納得がいかないところです。

それから前回のコメントにも似た話をいただきましたが、私のエピソードもさせてください。

以前、とある先発メーカーの勉強会に参加した時のことです。
夜遅かったのですが、会場までのタクシー券やらお弁当やらも出してくれるというので参加したのです。 
 
内容は、製薬会社による薬の宣伝、その辺の開業医がとある薬について講義、質疑応答という三部構成。
まぁ全国どこでもだいたいそうだと思いますが。
 
で、質疑応答の時にその場にいた薬剤師からおもしろい質問がでました。 
 
「先生はジェネリックについてはどのようにお考えですか??」と。 
 
おお、なんて答えるんだろうか。興味深々。 
すると、先生は、 
 
「…これについては、色々な意見があると思いますが…私の個人的な感覚でいくと、
ジェネリックの効果は元の薬の8~7割ぐらいの効果しかないと感じています。
まぁ…例えば料理であっても、プロの料理人が作る料理と、普通の主婦が作る料理。
材料が同じであっても、味は違いますよね?そういうことなんです。」 
 
??? 
 
これは納得いかない。 
 
味は関係ないだろって話ですよ。 
 
道場六三郎の斬った刺身と、
もこみちの斬った刺身では
味も見た目も違うかもしれない。 
しかし、同じ刺身で同じ量であれば、
二つの刺身に含まれる「アミノ酸としての栄養価」はかわらない。 
 

薬の効果は舌の上で発揮されるとでもいうのか(漢方は多いにあると思うけど)。 
「どんだけ主成分が体に吸収されたか」じゃないのか。 
なにいってんだよって話ですよ。
 
先生自身も、こんな筋の通ってない話に納得しているとは思えないし…
薬剤師を無知だと思っているのかな?だから変な喩えを出した?
でも、なんで先発の味方を?
 
ぐるぐる頭の中で考えた末、この勉強会の主催が先発メーカーであることを思いだした。 
先発メーカーの方がこれだけいらっしゃる中、 
 
「患者さんと家族の負担金を考えて、
ジェネリックをすすめてください!」
なんていう医者はいる訳ない。

よく考えたらそうだ。 
 
こんな会場をおさえて、高い弁当を配り、タクシー券配ってまでして薬剤師をたくさん集めた目的は
そこにあったのかもしれない。 
この薬は非常に高い薬であり、これがよく出てた頃にはボーナスがかなり出てたとの話も聞いたとこがある。 
要はこれをジェネリックに変えないでねぇ~という会合だったのだろう(タイミングもGEの出るタイミングだったし)。 

さらにいえば、その医師は適応の違いの話もしてました。
むやみに変えるのは危険だ、と。

なにが危険なのか。

医師がその場合には変更不可印を押せば済む話だし、
もし忘れても患者自体に健康被害が出るという話ではない。


別のケースでは切られないように診断名やら工夫したりするのに、
この場合だけ「適応違い」を武器にするというのもズルイでしょう。
 
…とまぁ、かなり熱く書いちゃいましたが、
そのような先発メーカーの活動がGEの嫌われる2つめの理由だと思います。

 
ただ、先発メーカーは数十億かけて新しい薬を生み出したり生み出せなかったりしている訳で、
モノマネをしているジェネリックメーカーと比べたらよっぽどすばらしい企業であることは
忘れてはならないと思います。 
ジェネリックメーカーは、しょせんコバンザメなのですから。
 
まだまだ書ききれないですが、長くなってもあれなので(十分長いかw)、この辺で。
 
 
おしまい

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る