運営からのお知らせ

分析大好きsenzyuのブログ
化学分析大好き人間による薬疑心暗鬼ブログです。

senzyuさんのブログ

senzyuさんのプロフィールへ
調剤薬局

こんなのもあるのですね。

投稿者:senzyu 投稿日:12/11/17 16:58 view298view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:119人

 


「抗体トローチがやられたようだな…」

「ククク…奴は我ら抗体四天王の中でも最弱…」



などと前回ふざけて書きましたが、すでに第3の刺客がいたようですね。

なんとココヤクのニュースでも紹介されておりました。
http://cocoyaku.jp/member/news/?action_news_detail=true&news_id=4736


「ダチョウの卵からスギ花粉やヒノキ花粉のアレルギーを抑える抗体を取り出すことに成功した。」


ということだそうで…

ん??
花粉アレルギーを抑える抗体??

私がサンドイッチマンの冨澤だったら「ちょっと何言ってるかわからないですね」といってるところだ。

抗体が作られるから花粉症という病気が存在する訳ですよね?
花粉症って抗体(?)のような物質(特別なタンパク質)があれば症状を抑えられるってこと?
そうだとしたらなぜダチョウがその物質を作れるの?


そもそも、それって抗体っていうのかな?
(抗体っていってくれないと「抗体四天王」の仲間入りはできませんが。)

「花粉症のメスのダチョウから取り出してきた」とあるけど、これはIgG?
抗体のような形をしているのでしょうか?

ダチョウはこの物質のおかげで花粉症症状が抑えられてるなんて話があるのでしょうか?

もし抑えられているとしたら、人間でもこの謎の抗体(抗体の抗体?)のような物質が作られてないのでしょうか?

不思議が収まりません!!

とりあえず、抗体マスク、抗体トローチに続き、この「謎の花粉抗体」も四天王に認定したいと思います。


おしまい

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る