分析大好きsenzyuのブログ
化学分析大好き人間による薬疑心暗鬼ブログです。

senzyuさんのブログ

senzyuさんのプロフィールへ
調剤薬局

万田酵素

投稿者:senzyu 投稿日:13/01/28 00:05 view395view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:118人


見ましたよ…。                            

何を見たかって?

そんなの万田酵素のCMに決まってるじゃないですか!!




ごめんなさい。決まってませんね。


あと、HPもみてみました。素敵な動画がありますね。

これを観ると…

食べ物の吸収には「発酵」が不可欠!

添加剤保存剤を使っていないと安心!



という二つの誤解を招きそうです…。
まぁこれに限った話ではないですが。

「合成の保存剤着色剤を使っていない。天然由来のものだから安心!」って最近よく聞きますよね。

で、なにが安心なのでしょう?(アレルギーがある人は気にしてもしょうがないと思いますが)

そんなに「使ってないことが安心」だったら江戸時代から現代までずっとそれをつかわずにきてるよって話です。
ダメだったら基本的にわざわざ開発しないだろうし、厚生労働省も使用を禁じているでしょう。

また、着色剤はともかく保存剤は人の健康のために入ってるともいえるのに皮肉な話ですよね(それだけではないですが)。


4コマ劇場でも紹介されていますが、健康食品を過大評価している方が多いのはなんだか気になります。

そこにも書きましたが「薬は石油から作られるんですよ。だから危険なんです」と風潮するブロガーを最近みかけました。


石油を飲むことはできないですから、嫌がる気持ちもわからないでもないです。
しかし、まず多くの薬は石油からできてません。
と、思います。
だって大変ですよね。ただのアルカンなんかからスタートするのは。
類似するアミノ酸とか、あるいは植物や菌から抽出したものをいじって作る方が絶対早いしコストもかかんないと思います(違ったら教えてください)。

そして、石油から作られようが天然のものから造られようが、アスピリンであればアスピリン。
そのアスピリンを構成している炭素や水素に違いはないですから、元々何に含まれていたかなんて関係ないはずです。

そんなことをいいだしたら、

今あなたが吸った空気中に含まれてる二酸化炭素の炭素原子は、昔大腸菌の体の一部でしたよ~!わ~やばいよ~!


っていわれたら「きゃぁ、どうしよう!」ってなるのかって話です。
もう、そんなの気にしてたら生きていけないですよね~。


とまぁ、私の感想はそんな感じです。


では、世間の声を聞いてみましょう。
恒例にすることにしました知恵袋の紹介です。


万田酵素 効果 ダイエット 便秘 肌荒れ対策について。


ベストアンサーを読むと…なになに


食物酵素が体内に補給されることにより、食物の消化吸収代謝が大きく促進され…



ほほう。万田酵素に含まれる酵素は胃で分解されたりすることなく運ばれるということなんだな!

酵素ということはタンパク質なはずなのに…なぜなんだ!
まぁ「なぜ」ってこともないですかね…w
壊れないものも中にはあるようですので、一応大目にみることにします…。

そして消化を助け吸収をよくする

う~ん。

まぁこれも一万歩ゆずって良しとしましよう。

で、代謝にはどう関わっているのかな?

は!酵素!


もしや…


酵素(タンパク質)がそのまま消化管から吸収されるということか!!

それで体の中でも代謝酵素として機能すると…そういうことか!


まぁ、なんでもありのパラレルワールドでの話だということなのでしょう(笑)

しかし、そんな世界があるとして、体はどれぐらいの分子量のものまで通すのか!?
こんなタンパク質が通り抜けるのなら、腸内細菌も平気で「おじゃましま~す」って吸収されるに違いない。

こういう場合ってすかさず肝炎になるのかな?敗血症?

ま、死ぬでしょうね。




続きを読みます。


その結果、腸内に老廃物がたまりにくくなり、
腸内環境が改善され、便秘の解消につながるようです。
腸内環境が改善されると、基礎代謝が向上するため、
とても痩せやすい体になるそうです。


…宝石箱や。ボケの宝石箱や。


まず、老廃物。

なんですかね。老廃物って。
便でしょうか?

「腸の隙間とかに便のかけらのような老廃物がこびりついて溜まり、それが体の調子悪さの原因となる」と信じているパート薬剤師さんが私のまわりには実在したので(「へ~っそうなんですか」ていって訂正しませんでしたがw)一応いっときますが、

そんなことは起こらないです。
万が一、億が一、老廃物なるものが腸にこびりついたとしても、腸の表面の細胞だって生まれ変わる訳ですから、それも細胞ごと剥がれ落ちるという話です。

ここに書かれている「その結果、腸内に老廃物がたまり」というのもそういうことが起こるとしたときの話なのかもしれません。

しかし!しかしです。
もし、上記に書いたこともマカリ通るようなパラレルワールドだったとしてもです。

万田酵素は酵素ですよね。
タンパク質の結合をこれによりいくつか斬ることができるとして(できないだろうけど)、逆に万田酵素を飲まずそれが行われなかったとして、残ったタンパク質がその「老廃物」とやらになるのだろうか。

分解できないようなセルロースや間違って飲みこんだプラスチックのようなものであれば、なんとなく気持ちはわからないでもないんだけど、タンパク質はいずれ分解されるし、分解されてできたアミノ酸はいずれ吸収されるでしょう。

タンパク質は老廃物ではなく、完全な「栄養」だという話です。

もう一度あえていいます。



老廃物ってなんだよ!


おしまい。


P.S.

なお、

腸内環境が改善されると、基礎代謝が向上するため、
とても痩せやすい体になるそうです。


これも認めません!

コメント

回答:22件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る