分析大好きsenzyuのブログ
化学分析大好き人間による薬疑心暗鬼ブログです。

senzyuさんのブログ

senzyuさんのプロフィールへ
調剤薬局

生酵素! プラセンタ! コラーゲン!

投稿者:senzyu 投稿日:13/07/25 00:31 view584view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:129人

 
さっき楽天をみていたら

生酵素!プラセンタ!コラーゲン!

という言葉が躍っていたので、有名どころではありますが分析していきたいと思います。
(久々ですね。このシリーズ)


コラーゲンはすでに書いたことあるでしょうか?
書いたことがある気がするので簡単にまとめます。

コラーゲンはタンパク質でかなりの高分子です。
高分子すぎて腸管から接吸収されることはできないのですね。

そしてタンパク質ですから肉や魚と同様に
分解されて、バラバラのアミノ酸などの状態になってから吸収される訳です。

だから不足したコラーゲンは食べることで補うことはできないよ~ってことですね。

栄養になる訳ですから悪い訳ではないですが、私ならそのお金でを買いますね。
旨いし。


では次に生酵素


どうやらこれは「美しくやせる」というふれこみのようですね。

広告サイトを読むと…

酵素は私たちの体内に必ず存在し、
食べ物を消化したり、呼吸をしたりと生きていくうえで欠かせない酵素です。

うん。そのとおり!

ですが、食べ物やストレスなどが原因で、体内の酵素のバランスが乱れ、
代謝の働きが低下してしまいます。

う~ん…怪しくなってきました。酵素のバランスってなんだよ…

体内で作られる酵素の量は20代がピークで40代で激減するといわれています

でましたね…。
これ系統のサプリの常套句。

「年をとると激減します。だからサプリで補おう」理論。
(ほぼ全てのサプリってこれじゃないかな?)


逆に聞こうじゃないですか。

年をとるにつれて増えるものってあるんですか?



シワ…




シミ…




抜け毛…



…すみませんでした。もういいです。

つまり生きるために必要なもののほぼ全て、減っていくのが自然なんですよね。


年をとって、体重も体内の水分の量も減るのに、
謎の成分だけ若い人以上に摂取しようとするのはおかしな話です。


では続きを…



つまり、年齢を重ね、痩せにくくなるのは酵素不足が原因だったのです。


なんでだよ。

なんでそうなるんだ?
そもそも年齢を重ねた方が痩せやすくなるんじゃないのかな?
だって、太ったおばあちゃんなんて、そんなにいないよね?
また、中年から太るのは運動しない生活習慣なんかが原因なんじゃないのかな。
あるいは恋愛から遠のいている場合が多くて、本気でダイエットしてないからとか。

絶対、10代~20代の方が太りやすいよ。(要出典。誰かお願いします)

それから、酵素がなんで肥満に関係するんですかって話です。

酵素が機能しなければ、食事は分解されず、栄養がとりこまれず、むしろ痩せそうな気がしますが。
(もちろん、それもほとんど影響はしないと思うけど)

続きを読みます。


酵素を補うには?
酵素は主に生の野菜や果物に多く含まれていますが、
日々の食生活でたっぷりの生野菜や果物を
取り入れるのは大変ですよね。



うん。そうですね。
とはならないですね。


つまり、これは生野菜で酵素が補えることを匂わせている訳ですね。
(そうとははっきり書いていないところがおもしろいですねw)

ここでいう酵素が体内の酵素をいっているのか
それとも消化酵素のことをいっているのか

どちらにせよ、矛盾しそうですね。
消化酵素のことをいっているのであれば、料理をいつもより長く煮たり、
細かく刻んだりすることで話は済むでしょうし、

体内の酵素のことをいっているのであれば、

野菜に含まれる酵素(高分子)は人間には吸収できません

の一言でおしまいですからね。




では最後にプラセンタ

広告を読むと…

プラセンタは英語で胎盤という意味です。
しかし健康食品や化粧品で「プラセンタ」と呼んでいるのは胎盤そのものではなく、
胎盤から細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や他の栄養素を
抽出したものことです。(関連: 
プラセンタの語源および歴史



だそうです。


成長因子(グロースファクタ)

ですって。

なんでグロースファクタとかっこつけたのか。
例の権威づけというやつですね。

しかし、プラセンタが「成長因子」だとすると話ははやいです。

成長因子→タンパク質です→高分子です→腸から吸収できないです→飲んでも意味なし

といういつものパターンでおしまいになります。

歯ごたえがないので、他のサイトからもプラセンタ情報を仕入れてみます。


人の肌に近いといわれる豚のプラセンタが多く出回っていますが、牛、馬、羊などのものも存在します。
もちろんヒトのプラセンタもありますが、薬事法で定められており、医療用のみに利用されています。

プラセンタに含まれる成分は、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素をはじめ、
アミノ酸、活性ペプチド、ムコ多糖体、成長因子、核酸、酵素などです。

また、コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分も含まれています。
これらは年をとるにつれて少なくなる成分なので、サプリメントなどでサポートすることが有効です。


「年をとるにつれて少なくなる成分なので」…のくだりはもういいですね。



そんなことより大事なことに気づきました。



…みなさんは、気づきましたか?



プラセンタの正体…




牛などの臓器でコラーゲンや核酸などを含んでいるタンパク質と脂質のかたまり…







つまりは





















ホルモンってことですね。

私ならプラセンタを買うお金があったら、こんなホルモンを喰いたいです。


夜中にこれを見る方、すみませ~ん


おなかすきますね~。


おしまい。

コメント

回答:17件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19948件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5650件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る