運営からのお知らせ

分析大好きsenzyuのブログ
化学分析大好き人間による薬疑心暗鬼ブログです。

senzyuさんのブログ

senzyuさんのプロフィールへ
薬局

料理が上手になるには?

投稿者:senzyu 投稿日:14/08/21 01:31 view291view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:111人


カレイドさんが料理の話をしていたので、
私も書いてみたいと思います。

っていうか、ずっと書く気でいたんですよね~
先伸ばしにしてきましたが。


え??
興味ないって??




まぁいいから、読んで行きなさいよ。
悪い話ではないですよヽ(´o`;
(たぶん)


つまり、

料理が上手になるには!という話です。


ほほう。
senzyuのやつ。
さぞかし料理ができるんだな。
学生の頃から料理してきて、
今も相当やるんだな。なるほど。
じゃあ、話を聞かせてもらおうか…


って思った諸君。

そいつは間違いだぜ。

っていうか間違いです、すみませんヽ(´o`;

正直なところ、私はたいして経験を積んでいません。

しかし、自信がある!!!


なぜなら、私は気持ち悪いほど一度こだわると、それを極めようとする人間だからです。

そしてなにより
料理と化学は似ているからです。


科学と魔法の違いについて
私はこれまでに何度もブログで取り上げてきました。

仲良くさせていただいている方には
またはじまったぜ…って話かもしれませんが…


そうです!
「再現性の有無」こそ科学なのです!


そして、料理はまさに再現性のある行為なのです!

作ったとおりに、料理は作られます。
作ったとおりに、味が決まります。


ですから、うまく作れないわけがないのです!


おいおい…
また、大口たたいてやがるぜ…
誰でもうまく作れるんだったら料理番組なんていらねえよ
このすっとこどっこいが!!


って思った方もおられるでしょう。

しかし、私からいわせれば、
料理番組ほど滑稽なものはありません(特に短いやつ)。

毎日毎日、料理番組は色々な局で色々な時間帯で放送されます。
なぜ飽きない!??
美味しいレシピなど星の数ほどある訳ではないのに、
なぜ見る人はそれを見るのか??


その答えは…

テレビだからです。


興味を持たせようとして番組を作っているので、見る分には楽しいです。
だから、皆が見る訳ですね。

しかし!テレビは、

視聴者がうまい料理が作れるようにな~れ

なんてことは全く考えていないのです。


料理のコツやディテールなどは無視です。
美味しそうに作るところ、作る人を映します(それを見たって料理上手にはならないです)
そして特別な食材を使います。
そして綺麗に盛り付けます(まぁそれはいいことなんですが…)

そして、それを喰う人は、必ず美味そうな顔して食べ、
賞賛の言葉を並べたてます。

そして視聴者は

「私でも出来そう!よし!作ってみよっと!」

って思い、

あくる日の晩、
まずい料理を完成させます…( ´_ゝ`)



想像で書いてます(笑)


でも、たぶん、そうだと思うんですよね~。

大事なのは、食材なにを使うか、じゃないのです。
それは当たり前として、

切り方、下処理、火力の強さ、材料をいれるタイミング、火を止めるタイミング
などといったディテールが大事なのです。

それを、語らない料理番組をいくら見ても美味しい料理は作れるようにはならないと思います。

そして上にあげたディテールは、
料理によって違ってくる訳ですが、共通点もあります。

共通点、すなわち基礎。

つまり、そんな番組を見る前に、基礎をマスターする必要があるということなのです!




あと、もうひとつ大事なのはですね。

これはまず敏感であることが大事です。
まぁコカコーラとペプシの味の違いがわからない私がいっても説得力がないんですけどね (ノд・。)

味見をして、うまい、まずい、と気づけるかどうかも大事ですし、
さらにいえば、
どうすれば味が整うのか、
何が足りないのか、
なぜ物足りない味になっているのか、
火の入り具合はどうか、
などを分析して、
一番適切な判断ができるかどうかが大事だといえます。

あと、似た話ではあるんですが、ちょっと違う言い方をすると
皆が美味しいと思う味を知っているかどうかも大事じゃないかと思います。

一番適切な判断ができるかどうかなんて、自分ではわかりません。
うまいもまずいも、何が足りないのかも、結局これらは主観の話です。

自分だけが「自分の料理をうまい」と思っても、これは全く意味がありません。
料理が上手ということにはならないのです。
人から評価されて初めて料理上手なのです。

つまり、料理は、
ピカソやゴッホのような芸術作品(誰かにわかってほしい)を
作るつもりでするのではなく、

ミリオンセラーの楽曲(多くの人に理解され支持される)を作る気持ちでするのが
正解ではないかと思う訳です。

しかし、これについては簡単ではありませんよね。
美味しいといわれるものを食べ、なんで美味しいといわれるのか、
どこが一般のものと違うのか、考えたり感じたりしながら
その神経を研いでいく必要があると思われます。


以上、料理のの話(総論)でした。


おわりか~~い

って思った方。
そうです。終わりです。

ほとんど、これを読むだけでは料理が上手くなりませんね(笑)

しかし、考え方についてはガッテンしていただけるのではないかと思います。

つまり、まず、基礎を勉強することと、日頃から味について考えること、
から始めるのがよいのではないか!という提案です。

具体的な話は、また次回気が向いたらするつもりです(不人気でなければ…)。
どうぞ、今後ともご贔屓に!

おしまい。

 

コメント

回答:16件

記事・レポート(1276件)

show

2016.12.08 new 23.報われるがまん、報われないがまん 【メンタルヘルス】

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18448件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:12月02日~12月09日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月02日~12月09日

もっと見る