運営からのお知らせ

分析大好きsenzyuのブログ
化学分析大好き人間による薬疑心暗鬼ブログです。

senzyuさんのブログ

senzyuさんのプロフィールへ
薬局

実体験で薬を語る医師、薬剤師~リゾチームの話~

投稿者:senzyu 投稿日:16/03/24 15:40 view210view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:111人


過激なタイトルをつけてみました。決まったぜ…。


以前、ダーゼンをネタにしたとき
リゾチーム製剤はいらない薬No.1と書きましたが、
とうとう烙印を押されましたね。

しかし、こういう結果になる経緯に面白さを感じました。

先に慢性副鼻腔炎だけアウってしたのは、記憶に新しいですよね。

あれってなにか意味があったんですかね??
なんで副鼻腔炎だけ先だったのか。

抜粋すると…


「ノイチーム」を含むリゾチーム塩酸塩製剤は2012年1月に再評価指定を受け、エーザイおよびサンノーバは同製剤を取り扱う他の製薬企業3社*と共同して、「慢性副鼻腔炎」、「気管支炎」、「気管支喘息」、「気管支拡張症」に係る適応を対象とした本剤の有効性を検証するための製造販売後臨床試験(プラセボ対照二重盲検群間比較試験)を実施しました。

 これらの試験のうち、「慢性副鼻腔炎」に係る適応を対象とする試験では、現在の標準治療に対するリゾチーム塩酸塩の上乗せ効果が認められなかったため、2015年5月29日に本効能・効果削除の一変申請を行いました。

とのことで。


これを読んだ同僚は、
「あぁ、慢性副鼻腔炎だけはダメだったんだぁ~(他はOK)」
といいました。

誤解ですが、誤解するのは非常によくわかります。
こんな紙を毎回丁寧に読んでいたら時間がもったいないですから、
パァ~って読みますよね。

しかしながら、他はOKだったなんて書いてないんですよね。

悪意があるようには感じないですが、それすらも全部計算されて
書かれているようにも思えちゃいます(笑)

考えすぎでしょうか?
でも、いらない情報が多すぎるんですよね。


 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)

とか。
誰も興味ないと思うんですけどねヽ(´o`;


本剤には、錠剤(10mg、30mg、90mg)、顆粒剤(10%)、細粒剤(20%)、シロップ剤(0.5%)の計6品目があり、当社の医薬品製造・販売子会社であるサンノーバ株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:竹川徹)が製造販売し、エーザイが販売を行っています。


これなんかも、製剤の種類は下の参考資料に書いてあるし、
「本社:群馬県」とかもいるかなぁ~と思う。

「本社:秋田」だったら、なるほど!とかならないし!

もちろん、このニュースだけじゃなくて、他の記事もこんな風に
無駄な情報まで書かれていることは知っているんですけど、
誰が得するんだろうなぁ~と思います。


話がそれましたね…。



まぁ、誤解する方が多いのは、こういった資料の書き方だけでなく、
「添付文書の効能効果は絶対!薬の効果は絶対!」
と思いこんでいるところが多いからじゃないかと思います。

書いてあるんだから絶対にあるんだろう、と。
科学的に証明されているんだろう、と。


そして、その「効能効果は絶対!」という思い込みに
自分の実体験が上乗せされたりします。

これはどうにかならないかなぁ~って最近よく思うんですよね。


先輩薬剤師から
「この薬効くよ!一発で私治ったから!」
っていわれたりしますが、返答に困ります。

上司に謎のOTCを買わされたこともありました。


どんな症状?
…そう。そう。
…そうなんだ。 じゃあsenzyuにはコレよ!

これがおすすめ!はい!1500円ね。

<先輩のイメージ>



うるせぇ!
帰って寝させろぃぃぃ!



とは、上司なのでいえませんが、
風邪ひいている手前断れません…。


しかし、年齢や性別にさほど関係なく、
自分が使った薬の印象を「絶対だ」と思う薬剤師は多いです。
医師でもたまにいます。

気持ちはわからなくはないですが、
これは改めなければいけないことだと思います。

そこがわかっていない人は、おそらく
ジェネリック医薬品の本質も、新薬の正しい評価もできていない、
といえるんじゃないかと思います。

どんなに多く勉強会に参加しても、
間違った認識が増えていくだけになってしまうと思います。
(意味がないとまではいわないですが)

なんの為にダブルブラインドテストがあるのか!
っ考えるべきなんじゃないかなって思います。


今日はそんな話でした。


あと、ついでですが、

上乗せ効果を検討ってずるくないですかね??

くわしい試験の内容は知らないので間違っているかもですが、
例えば、CYP3A4で主に代謝される薬物に、

CYP3A4を阻害する薬物を上乗せしたら、効果って強くでますよね?

他にも、

食事の影響を受けやすいドラールは、
おそらく牛丼を食べることによって
効果が強くでますよね?

そしたら、
「牛丼は睡眠薬の上乗せ効果がある…」
ってことになるのでしょうか?

牛丼すげー!

ってなるのでしょうか。

牛丼は単独でもお腹をいっぱいにして睡眠効果を高めますし、
なかなかの睡眠薬…フムフム

とはならないですよね。


実際にはその上乗せ効果も認められなかった訳ですが、
もしかしたら上記のような理由で「いけるかも!」っていうのが
あったんでしょうか?

気になるところです。

おしまい。

 

コメント

回答:3件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:11月28日~12月05日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月28日~12月05日

もっと見る