運営からのお知らせ

dialog
意味の無い様で有る風のブログ。
『mono』logは独り言。『dia』logは対話です。

kiyaさんのブログ

kiyaさんのプロフィールへ
その他

従業員のキャッチボールが始まりました。

投稿者:kiya 投稿日:13/12/07 16:23 view820view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:39人

困ったことに電子薬歴の入力の誤変換に拍車がかかっております。
私はどうも母音を連続で打ってしまう傾向にあり、
『風邪でえす(kaze deesu)』とか、『ノロですう(noro desuu)』とか、パッと見 かなり腹が立つ感じに仕上がります。
そんなこんなで、他のスタッフからわざわざプリントアウトまでされて粘着されるわけです。
 
 
 -----------------------------------------------
以下より、本題です。
私は以前、コミュニケーション能力が優れていれば、職場の人間とも患者さんとも上手く接することができるはずです。
と、いう一文を地味な局面で書きました。

そう、この影響が人事異動や退職に追い込んだりと、昨年くらいから動きが徐々に大きくなっています。

ある人は、1つの店に1ヶ月もたず『いらない』と言われ、飛ばされます。
ある人は、従業員間でトラブルを起こし、チームプレーを乱すという理由で飛ばされます。
ある人は、患者さんからの評判が悪く、処方箋枚数が減ったのを理由に飛ばされます。

とある、地域の新人薬剤師は入社半年で全滅しました。

そんな理由で飛ばされた人々には必ず次の店舗で評判が引き継がれます。
前評判から良くないので、先入観で新しい店舗でも評価に影響されてきます。
そして巡りめぐって、行き場をなくし、退職を余儀なくされるのです。

今までは、地域間で薬剤師を貸し借りしながら休み返上で何とか回転させてきました。
最近になってようやく人員の確保が安定してきて、自店のみのスタッフで回せるようになり、
その分、エリアの長の増員、細分化され、有給も消化できる所も徐々に増えてきました。

そうなるとこんなことがおきます。

----------------------------------------------

イメージしてみましょう。

今まで常時2人体制でヒイヒイ言いながらやってきた職場に待望の新人が来ました。
3人となり、新人も育ったころには若干過剰ともいえる状態になりました。
調剤室も狭く、3人でギュウギュウです。

翌年、新たな新人が入社してきて、上司より『いる?』と言われたらどうでしょう?

職場関係がうまくいっていて、このままの体制を維持したいなら『人数的には別にいらない』、と答えます。
ところが、職場関係がうまくいっていなければ、『あの人を外に出してしまおう』という魂胆が垣間見えてきます。

----------------------------------------------

さらに次の段階になると、その職場になんとか残ろうという気持ちで働く内に、派閥・陥れ・競争が起こります。
今まで考えの相違から、嫌い合っていた派閥の勢力の強い方が弱い方を飲み込む自体も考えられます。

どことは言いませんが、一般企業ではいくつか、この状態になっています。

こうなると、どういった人間が残るのか非常に興味深いです。

 ----------------------------------------------

先日、会社を代表してとある人材研修会にいってきました。

そこで行ったアイスブレイクが これがまた結構な趣でして、
ポピュラーなゲームをチーム戦でおこなうのですが、
ルールがホワイトボードに箇条書きで書かれており、そのルールに基づきます。

実はこれにはある意図があったわけです。

たとえば、『ババ抜き』をやるとします。

箇条書きのルールとして
◎二枚のペアが出来れば捨てて、無くなったらあがり。
◎ババを最後まで持っていた人が負け。

さあ、優勝したチームはどういったことをするかと言うと、

なんと相手の札をガン見するのです。

だって、ルールに書いていないから。
真面目にやっていた側からするとキタね~!、なんてズルいんだ!と思いますよね。
しかし、これは結果的に違う視点で見た洞察力と、勝利という事実が評価されたわけです。

 ----------------------------------------------

最終日に『今後の薬剤師の展望』のようなもののプレゼンがあったのですが、

その中で『将来の夢は薬剤師、と言われるような活動をしよう。』
というテーマを発表した方にこんな質問が挙がりました。

『それこそ薬剤師が過剰になると思うのですが、いかがでしょうか?』
すると、その回答は、

『勉強不足な薬剤師は今後いりません。自然と必要な人が取捨選択で残るべきでしょう』
、と。かなり語気を強めて発言していました。ちなみに6年卒の2年目の社員でした。

私は、これに対して思いがひとつあります。

『勉強しないやつは知らん』
に対極して
『一緒に勉強して、皆で熱くやっていこうぜ!』
という意見はないのか、と。

 -----------------------------------------------

数年後の話でしょうが、

はたして知識豊富の『スーパー薬剤師』なのか、
上に取り込む『ゴマすりエキスパート』なのか、
患者様に受けの良い『町の物知りおじさん』なのか、
薬剤師全体の底上げを目指す『スパルタ教育者』なのか、
または他のetc,,なのか。。

一体どのような人が将来、薬剤師をやっているでしょうか?

コメント

回答:11件

記事・レポート(1276件)

show

2016.12.08 new 23.報われるがまん、報われないがまん 【メンタルヘルス】

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18465件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:12月04日~12月11日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月04日~12月11日

もっと見る