運営からのお知らせ

dialog
意味の無い様で有る風のブログ。
『mono』logは独り言。『dia』logは対話です。

kiyaさんのブログ

kiyaさんのプロフィールへ
その他

怒ること、とは。

投稿者:kiya 投稿日:16/08/29 01:28 view496view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:40人

お久しぶりです。
2ヶ月ほど現場を離れておりましたが、気がついたらデパスとアモバンが向精神薬になる、とか。
ベゲタミン・濃厚ブロチンシロップ・ブロチンシロップ・フェルナビオンテープ・モーラスパップ(6枚入)・プロヘパール等、他にも100品目くらいある販売中止品目に結構有名どころが入っていたり、とあっという間に浦島野郎状態です。

これからまた現場とマネの間に戻ります。
立場上、あまり書き込むと身バレしそうなので、少しずつフェードアウトしてしまいそうで、しかしながら下らないことならバンバン書いていこうかとも思っております 笑

***

さて、私が今まで何度か記事にしていた内容の核心は、『言葉の選び方』でした。
同じニュアンスで言っても、言葉が変われば受け手の捉え方はそれぞれという事を記事だけでなくコメント欄、そしてもちろん現実世界でも追っておりました。

例えば、駅周りで爽やかな青年が『ウエットテッシュです』と配っているのであれば、受け取るかもしれません。
しかし、初老の方がやる気なさそうに『濡れ紙で~す』と言って手を伸ばしてうろついていれば、私は近寄りません。
※実話です※

ロキソニンが頭痛時で処方されている方に、
『頭痛でご受診ですか?』と聞く薬剤師もいれば、
『アタマが悪いんですか?』と聞く薬剤師もいます。
※実話です※

患者さんの問題点を見つけ出す際に、相手の曖昧な反応を見逃さないことがコツと言います。
先日、1年目相手にコミュニケーションの講義をさせていただいたのですが、それまでの研修のおかげか返事は物凄く良いのです。

私:『今日の講義はバッチリですか?』
1:『はい!』
私:『現場で早速役にたてそうですか?』
1:『はい!』
私:『では、今から適当に指しますが、○○について説明できますね?』
1:『は・・・(ガヤガヤ・・シーン。。)』
私;『はい、これが【曖昧な反応】ですwもう一度解説しますね~。』
※イジワルな実話です※

***

そんなこんなですが、対患者・対従業員に対するコミュ力の勉強は書籍などに取り込まれずに自分なりに砕いてきたつもりです。
今、私が壁にぶつかっているとしたら、言葉の選び方以前に『怒り方』なのです。

マネージャーになって広がった人付き合いの世界で、『怒る人』が沢山いるなぁという印象を持ちました。
正直、ビジネスにおいて『怒る』事はメリットがあるのか?必要があるのか?

私が新人の時に(今でも)人生で一番尊敬する上司が、ある業者とトラブルを起こした際、さらに上の上司に こう たしなめられていました。
『そうだね。大変だったね。でも、【怒った】のはちょっと良くなかったね。』
この言葉が未だに頭に残っております。

***

話が狭くなると良くないので、このあたりで締めたいのですが、
私の記事をご覧になって『怒ること』に関して、
興味を持たれた方・又は経験談・持論・独り言・等々、、広くとっていただけると大歓迎ですので、このテーマで何か感じ得たことを御教示いただけたら嬉しいです。
前の記事みたいに返信が遅れるかもしれませんが、必ずお返しいたします。

コメント

回答:14件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る