知らぬは一時の恥、聞かぬは一生の恥。
こんなこと馬鹿だって思われるだろうなってことも、ガンガン呟いて、聞いて、知識にしたいです。

ブタの王子様さんのブログ

ブタの王子様さんのプロフィールへ
調剤薬局

肝炎ウイルスの処方について

投稿者:ブタの王子様 投稿日:14/02/19 11:04 view208view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:6人

ペグイントロン、ソブリアード、レベトールの3剤療法を行っている患者さんがいます。

一緒にプロマック、マーズレンの処方が出ており、インターフェロン等による胃障害、食欲不振のSEへの処方かと思っていたのですが、

お薬手帳に病院薬剤師さんから「プロマック、マーズレンはインターフェロン療法の効果増強目的です」との記載があり、

そういうことなのか?!と思って調べたのですが、

私の乏しい検索ツールでは見つけることができませんでした。

すみません、分かる方、ヒントでも良いので教えて下さい...。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る