運営からのお知らせ

薬剤師の前に人間になる
ただの経験談

ピーエイさんのブログ

ピーエイさんのプロフィールへ
調剤薬局

とある高齢者在宅

投稿者:ピーエイ 投稿日:14/05/03 18:04 view160view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:4人

こんにちは。

ゴールデンウィークとか御大層な名前をもらってるくせに4日しか休日がないとかあれですよ。

ブロンズウィークぐらいに格下げすればいいのにとか思ってるピーエイです。

 

 

 

 

いつも通り経験談いきますよっと。

 

 

 

患者さんは奥さんが数年前に亡くなり、長男夫婦のところで在宅酸素療法を行っていたWさん。当時75歳ぐらいだったと思います。

この時からすでにWさんは

Wさん 「妻より先に逝くつもりだったのに死ぬタイミング失敗したなぁ。」

と言っていました。

しかし、長男がクモ膜下出血で他界。長男の奥さん方の親も体調不良ということで次男夫婦のところに行かれました。その時もドクター・薬局継続で訪問薬剤指導に行かせていただいていましたが、精神的な落ち込みが激しかった記憶が残っています。

Wさん 「迷惑ばっかりかける疫病神になった」 「お迎えの時間がおかしい」 「病院で入院させてもらえたらなぁ」

重くはないですがリスパダールやリーゼ、抑肝散などの老人性うつ症状薬が数種類入っていたので表立った励ましもできず。この時点で酸素療法のチューブを取り外して就寝するなどやや自殺企図ががありました。

ネガティブすぎる発言に「そんなことはないですよ」程度しかかけられませんでした。

ここで1年も経つことなく次男が膵癌で入院(5年生存率は20%もなく、余命はおそらく1年もないということまで教えていただきました)

Wさん 「膵臓はわしのじゃ代わりにならんか」 「ピーエイさん、わしを殺してくれんか?」 「死に場所がない」 というような発言が多々ありました。

はい。何もできませんでした。Wさん自殺されました。

 

 

 

国といえば、ごく最近(去年か一昨年)になってGKB47という言葉だけで内容もいまひとつわからず、かつ本当に自殺者の近くにいた人々には気分の悪い対策を発表後、すぐ撤回するという完全に無理解であることを晒す事例などもありました。

自殺しそうな人を思い直させるほどの力も、地域連携力も、国からの理解もない状態で何をすればよかったのか今でも自問自答します。

答えはいまだにわかりませんが。

 

 

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る