薬剤師の前に人間になる
ただの経験談

ピーエイさんのブログ

ピーエイさんのプロフィールへ
調剤薬局

会社で聞いたリアル介護

投稿者:ピーエイ 投稿日:14/05/19 21:12 view220view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:4人

や、どうも。

「後ずさり」という言葉がなぜか好きなピーエイです。

逃げるわけでもないけど戦う感じでもないが向き合って観察する感じがなんか好きです。

 

 

 

本日の話は職場の50代女性薬剤師Mさんのお話。

Mさんの父親はアルツハイマー型痴呆症でした。

とても温厚で優しい父親だったとMさんは話してくれました。

長男(Mさんの兄)の家庭で暮らしていましたが、介護する側にとって最も厳しいといわれる「頭はボケて、体は元気」パターンです。

奇行は家庭内だけでなく、当然徘徊などもあったそうで何度か警察のお世話になっています。

トイレに水が溜まっているのを見て、(本人に悪気はなく、水が溜まってるから)その水をかき出してみたり、いつも絨毯をひいてあるのにその絨毯を干していると、代わりに干してある洗濯物を絨毯の代わりに床に正方形に並べてみたりといった具合です。

 

その度に家に貼り紙がお札のように書かれます。

トイレに「トイレの水は抜かない・かき出さない」

玄関に「勝手に外に出ない」

冷蔵庫には「食材は寒くないので外に出さない」

洗濯機にも「手を入れない・ボタンを押さない」

家のほぼすべてのものに注意書きがされていたそうです。

こうして数年の後、お父さんが亡くなられました。

 

Mさんは葬儀の際にお兄さん(Hさん)が兄弟姉妹の前で話をしたときの言葉が忘れられないと言っています。

 

Hさん「どっちが先に倒れるか気が気じゃなかった。お前達は良い時の父親しか思い出さないから葬儀で泣けた。私は涙が一滴も出なかった。正直ホッとした。私も優しくて大きい父親だけを覚えていたかった。」

 

 

Hさんの兄弟姉妹は、Hさんに何も言えなかったそうです。

 

 

日本の「在宅」や「介護」の話をするとどうしてこう辛い経験談が圧倒的なのでしょうね。

 

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る