ヘタレ薬学生の徒然草
”かりんと”が日々の思いついたことを残していくブログです。

かりんとさんのブログ

かりんとさんのプロフィールへ
その他

とりあえず1週間

投稿者:かりんと 投稿日:13/10/21 21:24 view74view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:1人

なんとか記録と言う行為を続けようと頑張っていたら、知らない間に1週間経っていました。

不思議なものですね^^;あれほどノートまとめや記録を取るのが嫌だと思っていたのに…。

読んでくださる人、コメントをくださる人がいるとここまで変わるものなのですね。(まだ、たった1週間なんですけどね^^;)

少し習慣が身についてきたのか、実験ノートを書いたりするのもあまり億劫ではなくなりました。

このブログもまだまだ、始まったばかりですが、ひとまず卒業までは続けたいと思います。
↑ズボラなので定期的に喝を入れないとすぐにダレるんですよね…。(←こんなやつが薬剤師になっていいのか…。)

さて、月曜日は研究室の論文紹介セミナーがあるので、それに絡んだ話でもしようかと思います。

うちの研究室では、毎週月曜日に担当者2人が最新の論文を探してきて紹介する、論文紹介セミナー
(通称シンポジウム) があります。このシンポジウムでは研究の分野にとらわれず薬学、生理学に関連した様々な論文を
紹介していくんですが、大きな条件が2つあります。

1つ目はインパクトファクター4以上の論文であること。

2つ目は実験の結果を元にした論文であること。(コホート試験やランダム化比較試験、症例観察研究等はNG)

この2点さえ守れば、基本的にどんな論文でもいいのですが、臨床の職に就きたい自分としては、演者の時も聴衆の時も
少し億劫です。

薬剤師の先生方は普段、論文を読んだり書いたりするものなんですかね?
大学病院の先生方は皆研究やってましたけど…。

やはり、実務があるとそんな暇はないものですかね。こんなことを考えるのは、自分が逃げたいからなんだろうなぁ…。
と、自分の逃げ癖に辟易しつつ、結局論文と向き合う "かりんと" なのでした。


コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show
カレンダー
ブログ履歴

よく見られているブログランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る