運営からのお知らせ

インターン生まきおの「薬学業界を診る 」
ココヤクインターン生のまきおが、薬学業界を知り、診る。
独自の視点での考察を含めてブログを書いていきます。

まきおさんのブログ

まきおさんのプロフィールへ
その他

在宅訪問診療に薬剤師が同行する有用性

投稿者:まきお 投稿日:14/04/10 16:25 view203view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:30人

在宅医療における薬剤師業務として、 在宅患者訪問薬剤管理指導の必要性が求められている。


平成26年度診療報酬改定では、在宅患者訪問薬剤管理指導料において、
・同一建物居住者以外に対する場合の大幅なプラス改定(500点→650点)
・同一建物居住者に対するマイナス改定(350点→300点)

・保険薬剤師1人につき1日5回に限り算定
の改定がありました。

そんな中、薬局から薬剤師が在宅患者を訪問するのではなく、訪問診療クリニックに薬剤師が勤務し、医師と共に同行する試みが行われていました。

 

 
院内薬剤師の業務
 
桜新町アーバンクリニックでは、医師が常勤4名・非常勤4名、看護師常勤7名、薬剤師常勤1名の体制で、一般在宅患者200名を抱えている。患者の40%は、がん患者である。
平成25年2月より薬剤師が常勤で同行するようになった。
院内薬剤師の業務は、主に往診同行と院内情報薬剤に分かれる。
往診同行では、新患初回訪問に同行し、服薬状況の把握、在宅での薬剤管理方法の提案、処方変更提案・作成支援、院外薬局との連携、退院前カンファレンスへの参加を行う。
院内情報薬剤では、セット処方の作成、処方標準化、製薬会社や卸等との渉外担当、院内の勉強会開催を行う。
 
 
院内薬剤師と院外薬剤師の役割の違い
 
往診に同行する薬剤師と、薬局から訪問する薬剤師には、どのような違いがあるのだろうか?
同行薬剤師は、クリニックに勤務しており、電子カルテで薬剤情報を入手することが出来る。患者宅に医師と共に訪問し、医師が処方する場に立ち会う。その場で、医師へ直接助言し処方作成支援を行う。また、処方意図を理解して処方前に確認することで、疑義照会もない。残薬チェックをしてから、処方をすることで余分な薬を処方することがないのも良い。
薬剤師が医師と共に同行することで、診療現場での薬学的アセスメントによる処方支援が可能になった。
 
地域薬局との薬薬連携強化により、訪問薬剤師導入割合が、17.5%から69.1%へ上昇
 
薬剤師がクリニックに常勤することで、

・退院前カンファレンスへの同行
 →在宅で実現可能な形へ薬剤・材形変更提案、連携薬局との調整
・初回往診同行
 →服薬状況把握、薬局の選定
・院外薬局との連携強化
 →麻薬在庫状況確認や処方箋のチェック
を行うことが出来る。
そうすることで、平成25年2月より、1年間で訪問薬剤師導入割合が、17.5%から69.1%へ上昇した。
 
 
今後の展望
 
薬剤師が常勤をすることで今まで医師が敬遠していた、注射剤やポンプの導入を容易にした。
訪問薬剤指導が導入されていない患者への薬剤指導の強化や、薬剤師単独訪問による薬剤の効果判定、副作用チェック。在宅診療現場に同行することで医師、連携薬剤師、患者さんの各々が安心できる在宅薬剤治療環境を支援することが出来る。
 
 
まきおが視る
 
関西で積極的に活動されているハザマ薬局を始め、在宅医療への薬剤師の参画はより一層進んでいくことになるだろう。
参考:
薬剤師の訪問指導が日本の医療を変える
その一方で、まだまだ病院から在宅へ退院する時、在宅クリニックと地域薬局の連携は、まだ浅い部分があったように思われる。
今回の桜新町アーバンクリニックのように、薬剤師が常勤することで、病院薬剤師と在宅クリニック、在宅クリニックと地域薬局の架け橋になることで、スムーズに在宅への以降が進むのではないかと思う。国の方針として、在宅での看取りを増やすとしている。病院・クリニック・薬局が個々に活躍するのではなく、連携して在宅医療を推進することが求められてくると感じた。
 
 
※桜新町アーバンクリニックにおける、薬剤師同行業務の詳しいスライド

 

在宅医療における薬剤師の新しい価値
New value of pharmacists in home care medicine from Junichiro Toya

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る