運営からのお知らせ

インターン生まきおの「薬学業界を診る 」
ココヤクインターン生のまきおが、薬学業界を知り、診る。
独自の視点での考察を含めてブログを書いていきます。

まきおさんのブログ

まきおさんのプロフィールへ
その他

製薬大手7社が参加!?医師主導で異例の合同症例検討会が開催

投稿者:まきお 投稿日:14/05/08 16:56 view107view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:29人

すでに1ヶ月前のニュースになってしまったが、とても気になる記事であったため、注目のニュースとしてとりあげてみたいと思う。

 

 

-複数の製薬会社が合同症例会を行う!?

 

最適な薬はどれ?医師の質問攻め製薬会社がプレゼン 京都で異例の検討会開催
(産経ニュース)

 

複数の製薬会社に対して、医療者側が症例を呈示し、各社がデータや論文を持ち寄ってどの薬剤が良いかなど、治療戦略を提案する。それを医療者、製薬会社が一緒に議論するという取り組み。

 

臨床現場での薬剤選択は、企業側の思惑に影響されがちであり、垣根を越えた議論が出来ないかと若手の医師が主催している。

 

主催者は京都市内の民間病院に勤める34歳の精神科医。製薬会社合同奨症例検討会HPによると、第一回を2012年11月、第2回を2013年2月、第3回を2013年10月、そして今回行われた第4回を2014年3月と、約半年に1回のペースで行われている。

 

良く1社だけの主催する説明会、勉強会は数多くある。しかし、それではどうしても情報に偏りが出てしまう。同効薬は多くあるが、1つの薬についての情報を聞いた後は、どうしてもその薬を使いがちになる。特に経験の浅い医者そうなる傾向が強い。

 

そんな中、主催医師はあるMRと症例の話を立ち話をしていると、他社のMRも含めて3人でディスカッションが始まることがあった。立ち話の延長、普段の議論の拡大という意味で、医師が症例を呈示し、それに対して各社エビデンスを出して頂く。そんな形をもっとより多くの医師、多くの製薬会社と行えないか、そう思い検討会の発足に到ったそうだ。

 

 

 

-製薬会社参加に対して粘り強く交渉し、企業側から費用面の支援も受けず

 

第4回の症例検討会には、若手を中心に医師や薬剤師ら約20人が集まり、製薬会社側から大手7社の約15人が出席した。

 

しかし、そこまでに到るには苦労の連続だったのではないかと思う。まだ若手の医師が前例の無い、医師主催・複数製薬会社による症例検討会。粘り強く説得し、協力を取り付けた。商業的なプロモーションでないことを明確にするため、会場代など全て医師が負担し、企業側から費用面の支援をうけていないという。

 

ホームページには、第1回終了後、プロモーションコード違反になる恐れがあるため、続けられないと意見を頂いたそうだ。しかし、プロモーションコードを作っている製薬協に問い合わせをし、「画期的な会である」「患者様に対して適切な治療に繋がるであろう」とコメント頂いている。

 

本当に正しいことであれば、意思を貫き仲間を集めれば不可能なことは無いと、勇気がもらえる活動だと思う。

 

 

 

-キャンサーボードと似ているのではないか?

 

この合同症例検討会の話を聞いたとき、キャンサーボードについて思い出した。

 

キャンサーボードとは、診療科の垣根を越え、医師や看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどといった患者を取り巻く医療スタッフが、一同に介して患者の治療について話し合う組織のことである。

 

2008年よりがん診療連携拠点病院の指定要件として、「がん患者の病態に応じたより適切ながん医療を提供できるよう、キャンサーボードを設置し、定期的に開催すること。」という一文が加わった。(参照:がん診療連携拠点病院について

 

今まで、医局という枠に囚われており診療科の垣根を越えて議論することは無かったが、患者の治療を全ての医療スタッフの意見を対等に聞き、議論する場が公式に定められたのである。

 

私が実習した病院でも、キャンサーボードは行われており、副作用の対応方法や、他の診療科が行っている治療法についてなど積極的な議論が行われていた。

 

 

 

-患者さんの利益を考えて、既存の枠を外していく

 

製薬会社合同症例検討会や、キャンサーボードは既存の枠組みを超えて、”患者さんの利益”のために行われていることである。

 

理想を語るのは自由だが、現実問題は無理。そう大人に言われることが多くなってきた学生からみると、まさにそれを乗り越え実現されている方々は輝いて見える。

 

医療現場に入ると、「あれ?おかしいな。」と思うところが見えてくる。その問題について、見過ごすのではなく、正しいことは追求して変えていく。その力を若手の医療者が持つことで、より良い医療が構築されてくるのではないだろうか?

 

 

「参照」
最適な薬はどれ?医師の質問攻め製薬会社がプレゼン 京都で異例の検討会開催
(産経ニュース)

製薬会社合同症例検討会ホームページ
キャンサーボードって何だろう?(がんナビ)

コメント

回答:0件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 new 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18396件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月26日~12月03日

もっと見る