インターン生まきおの「薬学業界を診る 」
ココヤクインターン生のまきおが、薬学業界を知り、診る。
独自の視点での考察を含めてブログを書いていきます。

まきおさんのブログ

まきおさんのプロフィールへ
その他

がん検診がワンコインで出来る!?名古屋市の取り組みに注目

投稿者:まきお 投稿日:14/05/09 17:32 view71view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:31人

薬局の簡易検査どうする?ワンコイン検診の先駆け、ケアプロから学ぶ
 

の記事で調査をしているときに、とても良い取り組みを見つけました。

 

 

 

名古屋市が、がん検診をワンコインで提供

 

 

名古屋市は、勤め先などで受信する機会のない名古屋市内在住の方を対象に、6種類のがん検診と生活習慣病健診を実施している。

 

名古屋市ワンコイン検診(がん検診)は、自己負担額500円で1種類のがん検診を受けることができる。電話1本で、予約をすることができ、名古屋市民で条件に当てはまる方を対象にしている。

 

胃がん、大腸がん、肺がん、結核、子宮がん、乳がん、骨粗しょう症、前立腺がんなど8種類もの検診がある。全て1種類500円である。基本的には、問診+各がんや疾患に特有の検査を行う。

 

 

対象者や検査内容は各検診によって変わる

 

 

対象者は、各がん検診によって少し変わってくる部分がある。主に、がん検診は40歳以上の男女を対象にしているが、子宮がん検診は20歳以上の女性など例外もある。

 

他に例として、

 

「肺がん・結核検診」

 

対象者:40歳以上の男女
検診内容:問診及び胸部エックス線撮影、必要な方には喀痰細胞診を行います。喀痰細胞診は、問診の結果、次の条件に当たる場合が対象となります。

・50歳以上で喫煙指数(1日本数×年数)が600以上
・6か月以内に血痰がみられた方

 

 

該当者は無料で検診を受けることができる

 

 

名古屋市のホームページによると下記の項目の該当者は、自己負担金免除の対象者となり、ワンコインも払わなくて良い。

 

次に該当される方は、各検診の自己負担金500円も免除され、無料でご受診いただけます。

・70歳以上 
生活保護世帯
市民税非課税世帯 
障害者、ひとり親家庭等、医療費助成制度対象者
福祉給付金支給制度対象者 
中国残留邦人等支援給付受給者

 

 

気軽な検診が当たり前になることで、予防の文化を作る

 

 

 

薬剤師として、今後重要になってくる職能が、予防における分野であることは、目に見えている。

しかし、地域の薬局で具体的に何をすればよいのか、イマイチわからないのではないだろうか?

 

 

しかし、このように行政も含めて、病気になる前に、検診を行い早期に治療を開始する仕組み作りが活発になってきた。今回の改正により、薬局が予防に関われることが多くなった。

 

 

様々な問題はあることは承知だが、

 

「普段から予防の知識を教えてくれる場所」

「ワンコイン検診で確認する」

「病気になっても最初に相談される」

「一般用医薬品で対応できるか判断する」

「地域のクリニックを紹介する」

「医療用医薬品を調剤する」

 

という流れが、地域の薬局で出来てくれば良いなと思っています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『参考』

名古屋市ワンコイン検診

http://station-clinic.com/m_checkup/onecoin

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19800件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5584件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る