インターン生まきおの「薬学業界を診る 」
ココヤクインターン生のまきおが、薬学業界を知り、診る。
独自の視点での考察を含めてブログを書いていきます。

まきおさんのブログ

まきおさんのプロフィールへ
その他

厚労省 「パキシル」「フォルテオ」の使用上の注意改訂を指示について:詳細情報

投稿者:まきお 投稿日:14/07/11 12:10 view302view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:30人

ココヤクニュースで、「厚労省が使用上の注意改訂について」がありましたが、詳しいことが一切書いていないので、補足・追加の情報をブログ記事として書いてみようと思います。

このブログを通して、臨床現場で忙しい薬剤師の方が、平成26年7月8日に通達があった「使用上の注意改訂」について概要がわかるように出来ればと思います。

・厚労省 「パキシル」「フォルテオ」の使用上の注意改訂を指示
http://ow.ly/z1JZd 
・「使用上の注意」の改訂について(PDF)
 
http://ow.ly/z1K0s


1.パロキセチン塩酸塩水和物(抗うつ剤、商品名「パキシル」)

[副作用]の 「重大な副作用 」 の項 に
アナフィラキシー :
アナフィラキシー (発疹 、血管浮腫、呼吸困難等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 

を追記する。


2.テリパラチド(骨粗しょう症治療薬、商品名「フォルテオ」)

[副作用]の項に新たに 「重大な副作用」 として
ショック、アナフィラキシー :
ショック、 アナフィラキシー (呼吸困難 、血圧低下、発疹等)があられることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

を追記する。


3.ロラタジン(抗アレルギー薬、商品名「クラリチン」)

[副作用]の項に新たに 「重大な副作用」 の項に
痙攣:
痙攣があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

を追記する。


4.菌疎育湯(漢方製剤)

[副作用]の項に新たに 「重大な副作用」 の項に
腸間膜静脈硬化症:
長期投与により、腸管膜静脈硬化症があらわれることがある。腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返しあらわれた場合、又は便潜血陽性になった場合には投与を中止し、CT、大腸内視鏡等の検査を実施すると共に、適切な処置を行うこと。なお、腸管切除術に至った症例も報告されている。

を追記する。


5.アムホテリシンB(抗真菌薬、商品名「ファルギゾン」)

[副作用]の項に新たに 「重大な副作用」 の項に
中枢神経障害:
本剤の髄腔内注入で、髄膜炎、脳症、脊髄障害、対麻痺等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

を追記する。


6.シメプレビルナトリウム(C型肝炎治療薬、商品名「ソブリアードカプセル」)

[副作用]の項に新たに 「重大な副作用」 の項に
敗血症:
易感染性となり、重篤な感染症を誘発し敗血症に至ることがあるので、定期的な血液検査を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
脳出血:
脳出血があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

を追記する。


7.一般用医薬品(かぜ薬)
イ ブ プ ロ フ ェ ン ・塩 酸 プ ソイ ドエ フ ェ ドリン ・ク ロルフェニラミンマ レイ ン酸塩 ・ジヒドロコデインリン酸塩・無水カフェインイブプロフェン・塩酸プソイドエフェ ドリン・L―カルボシステイン・d―ク ロルフェニラミンマ レイ ン酸塩・ジヒドロコデインリン酸塩・無水カフェイン

〔相談すること〕の項を
服用後、次の症状があらわれた場合には副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
まえに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。

皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)
中毒性表皮壊死融解症
急性汎発性発疹性膿疱症:
高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。
と改める。

8.一般用医薬品(漢方製剤)
   菌疎高湯

〔相談すること〕の項に
服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちにに医師診療を受けること。
腸間膜静脈硬化症:
長期服用により、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返しあらわれる。

を追記する。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る