ぼちぼち母ちゃん薬剤師
長いブランクを経て調剤薬局へ復帰した母ちゃん薬剤師です・・只今勉強中・・

タレッちさんのブログ

タレッちさんのプロフィールへ
調剤薬局

ノーベル化学賞

投稿者:タレッち 投稿日:10/10/07 10:17 view134view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:5人

日本人の受賞者が発表された。
TVを見ながら「すんごいな~~何したんこの人ら??」

『プラスチックなどの革新的素材や新薬の開発を可能にする有機化合物の製造には、炭素原子を結合する技術が必要だが、炭素原子同士は反応を起こしにくく、複雑な有機化合物を合成するには不要な副産物がたくさんできてしまうなどの問題があり、最適な結合方法がなかなか見つからなかった。
受賞者は、パラジウム原子を触媒として炭素原子を結合させる方法を開発。この方法により高度な化学物質を開発する可能性が大幅に向上したことが評価された。この方法は農業から薬学、チップなどの電子部品のコーティングまで、幅広い分野に応用可能だという。』

研究室時代を思い出した・・「製造」分野かなぁ・・

鈴木さんと根岸さんが新たに開発した化学反応(クロスカップリング)は、医薬品(血圧降下剤)や農薬などの製造に幅広く活用されている    http://www.org-chem.org/yuuki/suzuki/suzuki.html

何なん?血圧降下剤って?

調べてみました。血圧降下剤・・「バルサルタン」

まさかのディオバンだった

そうだったんだぁ(゜ロ゜)・・知らないの私だけかなぁ・・
でも、なんか、バンバン出てる薬の製造に関わっていた事にすごく感動して納得してしまった。
偉大な人達だぁ・・

『現在、多くの製薬会社は、研究の最初の段階で、この反応を使い、化合物の一部を取り換えるなどして、薬として有用かどうか評価する作業を繰り返している。
今回の手法の開発を受け、90年代以降、機械的にさまざまなタイプの化合物を一括して作る技術が発達、飛躍的に大量の化合物を作り出すことが可能になり、新薬候補となる物質が広がった。また、この反応に使う試薬を販売する専門のベンチャー企業が出現し、産業分野にも変革をもたらした。』

電子産業に与えた影響も大きいらしい。

新聞に人と成について書いていた。
温厚で家庭を大事にする・・周囲への気配りを欠かさない
多趣味・多芸・・・etc.

  やっぱ天才だぁ

隣でうちの旦那が言う・・
「あ~~俺にもノーベル賞くれんかなぁ~~」
一生言ってて下さい・・(・_・;)


コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る