運営からのお知らせ

超ド田舎薬局のデキル?社長と糞!薬剤 師の超癒着物語。
クビ覚悟です→やっぱり保身。。。
基本的にネガティブなんでよろしく。

スタープラチナさんのブログ

スタープラチナさんのプロフィールへ
薬局

薬歴とカルテと薬剤師と北斗の拳

投稿者:スタープラチナ 投稿日:15/02/26 00:16 view328view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:4人

どうも。ブラック社員です。

昨今、盛り上がっていますね。この話題。

うちの会社でも「乙、薬歴、しっかり書けよ」みたいなお達しが来ました。

ココヤクでもたくさんの記事をお見受けします。

某有名な薬剤師ブロガーの先生は「薬歴なんて・・・」な記事を書かれており、予想通りの大反響です。

じゃあ、どうすればいいのか?

というか、どうすれば、薬剤師たちは納得してくれるのか?

「加算体型を増やす」

これに尽きると思います。

というわけで、

個人的に考えてみました。

付けて欲しい加算。

※1、例えばアレルギーとか、疾患禁忌での薬剤変更での加算ってないですもんね。そういうのには手厚くして欲しい。
※2、薬剤師だからお金はかからないと、やたら長話を求めてくる患者いませんか?カウンターにひじを置いてくる人には要注意。そんなときのための「話加算」的なもの。(まぁ、国に認められることもないでしょうが・・・あ、そんなときの登録販売者か?)

※3、一包化はもうちょっと手厚く。一包化のニーズが高まって来ていて手間かかっているのに人員は削減削減!点数ドンドン下がって行っているのはオカシイでしょ?ならばここに点数をぶち込むのが打倒なのでは?事務員&機材の投資費の足しにはなって欲しい。

※4、薬歴管理料は個人的には要らない。必要ならメモに取っておく。あえてそれに点数をつけていらない。その分、一包化に!後に述べる疑義照会加算に!

※5、ちょっとでいいからつけて欲しいものとして、「疑義照会加算」があります。もちろん、疑義照会って、薬剤師の義務だから「これしたってだけで点数はあげれないよ。」って仕方ないのですが・・・、その、点数にならない疑義照会で、どれだけ時間が取られているか、例え、医師が見逃したアレルギーをキャッチして薬剤変更になってもフィーが無かったりする、この虚しさ。保留音聞きながら5分以上待たされる事もある。
くそ忙しいときに、とぼけたように、
「あれー、湿布頼んだけどなー。ちょっと、聞いてくれるー」(語尾上げ気味に聞いてくることもしばしばある)
病院に電話する。
「あー、スイマセン、忘れてました。追加しておいてください。(テヘペロ)」
(おい、患者、オメーで電話しろ)
と、性悪な私は内心思ってしまう。

※6、登録販売者加算。健康推進云々かんぬん言うのであれば、新しく資格化したこれも取り入れてもいいかなと思いますよ。うちの薬局、登録販売者、多いから!

・・・・と、とりあえずは以上です。




付けて欲しい加算は思いつくだけでも、ざっと6個浮かびました。寝ないで考えたらもっと思い浮かぶかもしれません。

なので、私は、薬歴管理、要りません。

あ、もちろん、薬歴管理の分を補うだけの加算が見込める前提ですが・・・ちょい下げでもいいか。。。

薬歴は薬剤師のカルテではないと思います。私は「メモ」だと思います。


デキル営業マンは必ずメモを取ります。

1:「いつ、どこで、誰と、どのような話をしたか。」

→「そして、その反応はどうだったか。質問はあったか。」

→「それを受けて、次回どのような訪問をするか。」

→1に戻る・・・・・・・みたいな。

ん?あれ?

これって、薬歴と流れ、一緒じゃない?

ふつう企業のサラリーメンたちは同じことをしているのにフィーが付かないのに、薬剤師が付くのはおかしな話だとは思いませんか?

別にサラリーマンだけでなく、世の中の全ての社会人がしていること(実際に紙に書いている、PCに残している、脳内に留めている等の形式は省いて)に執拗なまでにフィーを求める体質。

個人的には、異常と思います。

薬剤師の本質は薬歴ではない。薬の飲ませ方の提案や飲みやすくさせる加工(でも、その薬は混ぜちゃいけないんですよ、ぶっ潰したらダメなんですよ、とか言える知識力)、併用禁忌や注意、医師に言えない患者の御用聞き(?)だと思うんですよ。

だから、薬歴ってメモ程度で良いと思うんです。

例えば!

ざっくり、他病院の併用薬を記載しておく、とか。

『ジヒデルゴット服用中!併用禁忌注意!!』とか。

『他科でワーファリン服用中!』とか。

『併用薬はないが、鳶職』とか。

メモって、端的で要点突いてるんですよ。それから判断するのが、出来るのが薬剤師でしょ。

薬、こう作りましたよ、ってのも、メモで十分ですね。別に薬歴で点数取ってすることでもないですしね。

今後、薬歴がどうなるかは私は分かりませんが、個人的に要らないと思っています。

ただ、風潮的に不要論が優勢気味な感じがします。

ここで個人的に、北斗の拳でいう、「トキの拳」が大事なのかな・・・思います(知らない人はググッてください。北斗の次兄です)

世論(ラオウ)に真っ向から勝負したのでは(力勝負では)勝てない。石会、升ゴミが薬局バッシングをしている事実。

そんなとこに突っ込んでいって、「薬歴はカルテじゃありませんねー。医師に比べたら大したことないよ。乙」って言われたら、orzってなるのが目に見えてるかな。

薬剤師の生きるところはそこじゃない。薬剤師はラオウじゃない。トキなんだ。

と思う。



少し場違いな話かもしれないが・・・

学生時代、飲み屋でバイトをしていた。お客さんのタバコの銘柄をメモしていた。

お客さんが、「プラちゃんタバコ」って言ったら、いつも吸っているお客さんの銘柄を出した。

当然のようにお客さんはタバコを吸っていた。お客にすれば100以上あるタバコの中から、常連であるが故、「タバコ」の一言でスタッフは分かっていると思い込んでいる、従業員はそれに応える義務がある・・・

タバコの銘柄意外にも、話をしていてちょっと気に止まった情報や話、個人的に興味があった話や、逆に良いも悪いも印象に残った話はメモを取った。

アルバイトの身分とはいえ、ここまでする必要があるかな?と、私は思っていた。とは言え、そこそこしんどくもあり、楽しかった。しかしながら、前者が若干強かった。

でも、お客さんはついてくれる、「プラちゃん、プラちゃん」とチヤホヤしてくれる、大好きなお酒はご馳走してくれる(あー、ホストではありません。むしろ男の方が多かった!)

そして、極めつけは、バイト最終日、オーナーがでっかい花束持って、記念のネクタイくれて、大号泣してくれて・・・「ありがとう」って言ってくれたときはこちらも大号泣。

今でもバイト先に行く時があるのですが、当時のお客さんがご馳走してくれたりすると、

あー、無駄じゃなかった、無駄じゃなかった。心底思えました。これは、レトロスペクティブな結果です。



はぁ?スタプラ、何言ってやがるんだ?って感じだと思います。

飲み屋と薬局と違うよと。

まぁね、薬局って、ペイバックが少ないように感じますね。ドライですよね。患者は無料で健康相談しに来て、帰ろうとする。

一方で薬剤師は何か売ろうとする。「でも、病院行った方が安く手に入りますよ」なんて言っちゃったりしてしまう。それは調剤に繋げたいからかな?そんなにお客は単純じゃない!あいつらには色んな思惑がある!と思う。

であれば、薬剤師の職能を生かす事が薬剤師復活の糸口なんじゃないの?

『北斗の拳』読めば、

「あー薬剤師、滅ぶんじゃない?」って思ってしまう私。

なぜならば、前述、『トキ』だからです。

トキがラオウをやっつけられなかった理由はラオウ自ら言っています。

しかし、トキが自分自身、『力』に固執した理由も述べています。

まぁ、結局、ケンシロウがラオウを倒して(詳しくはラオウの自滅ですが)第一幕は平定するのですが、

もし、トキが、トキのままであったならば、もっと早い段階での平定が見込まれたはずです。

あ、話が非現実にズレ過ぎました。

『盛者必衰の理』で有名な平家物語。薬剤師市場の一旦頭打ちと思いましょう。

ピンチはチャンス。ここは一発、薬剤師の過渡期と思い、皆さん、自己研鑽、怠らないように!

別にね、薬剤師だけがね、全てじゃないからね。

 

コメント

回答:9件

記事・レポート(1276件)

show

2016.12.08 new 23.報われるがまん、報われないがまん 【メンタルヘルス】

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18465件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:12月03日~12月10日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月03日~12月10日

もっと見る