たわいない話
あまりお返事はできないかもしれません。

なおさんのブログ

なおさんのプロフィールへ
調剤薬局

調剤拒否

投稿者:なお 投稿日:16/02/14 17:53 view354view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:0人

うちはレディース薬局の門前でもあるので、産後のお母さんがお子さんの処方箋を持ってくることがある。

先日とあるお母さんが、子どもの処方箋を持ってきて、慢性疾患だから今後かかれる薬局をさがしたいとおしゃってあった。ちなみのその方のおうちは車で30分ほど、毎回うちにかかるにはちょっと遠い。

お母さんからきいた住所の近所で薬局を探して経緯を話して今後薬を用意できませんか?と話してみたところ
「うちは小児の取り扱いがないんで難しいです」
との返事が。
薬局の在庫のことをきにしてあるのかと思って、今後継続して処方箋の持ってこられること伝えたが、
「粉は扱えないんですよね」とのこと。

わが耳を疑うが、どう話しても受け入れてもらえる気配がないので、
次に住所に近い薬局に電話すると
「うちは粉の混合はできないんですよね」
と謎の返答が。

ここでも受け入れてもらえない。

次にかけたところでやっとOKをもらえた。

本来なら家から一番近いところがよかったけど、歩いていける範囲に薬局があってよかった。


というか、粉だから受けませんとか、混合はしたことがないからできませんとか、
そんなこと言ってていいのか?

なんか同じ調剤薬局として残念。

こんな受け方しているから、薬局って信頼をえられないんじゃないかと思ってしまった。
これからかかりつけ、なんて言ってるけど、働いている人たちの意識改革がおいついてないんじゃないのかね。大丈夫かしら。
 

コメント

回答:9件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5585件)

show

求人情報

show
カレンダー

よく見られているブログランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月15日~07月22日

もっと見る