運営からのお知らせ

漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

漢方の勉強(中医学のすすめ)

投稿者:choline 投稿日:14/03/07 15:54 view273view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

初めまして。ブログというものを書くのは久しぶりです。

過去に少しだけ漢方薬局に勤めていた経験を活かして、
漢方についてのお話を書いていこうと思っています。
さて、自分もそうだったのですが、漢方に興味のある薬剤師は多いと思います。

しかし、

・どのように勉強したら良いのかわからない。

・勉強会、講習会に参加してもそれを実務に活かせない。

・日本漢方って何?古方、後世方って何?中医学って何?

などなど、様々な理由で断念している方も多いのではないでしょうか。
私自身も漢方について語るなんて100年早いと言われてもおかしくはないほどの知識
(せいぜいちょっと漢方に詳しい薬剤師
なのですが自身の勉強も兼ねてブログに綴っていこうと思います。  

それでは本題。
タイトル通り、私は漢方の勉強をするなら「中医学」をお勧めします。
病院のお医者さんのように、漢方の勉強をしてすぐに実践できるような立場の方であれば
「古方」が向いているとは思うのですが(←完全に主観です)
薬局薬剤師の立場ではそういうわけにもいきません。腹診もできません。

中医学を勉強することで「漢方的な考え方でその人の体質を捉える」ことができると考えます。
そのことが普段の服薬指導に活きてきます。
西洋医学とは違った観点から生活習慣(いわゆる養生)のアドバイスができます。

それでは中医学の勉強といっても何をすれば良いか?
お勧めの書籍は「やさしい中医学入門(東洋学術出版社)」です。
たぶん最初は読んでもほとんど理解できません。まず単語の意味が良くわからないです。
そこで断念せずに、何度も読んでいると少しずつ理解ができるようになってきます。

中医学の基礎の基礎を学んでいないと養生法なども頭に入らないと思います。


うまくまとめきれないので(笑)、今回はこの辺りで失礼します。
最近はtwitterしかやっていなかったので長文を纏めるというのは非常に疲れますね
なるべく解りやすく書いていけたらと思います

コメント

回答:2件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る