漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

「気」について(その2)

投稿者:choline 投稿日:14/03/13 11:14 view118view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は「気」はどこに貯蔵され、どのように補充されるかのお話です。




前回、気は物質であり、運動性があるとお話しました。

気は物質であるので、体のどこかに貯蔵されています。どこに?
答えは五臓です。

五臓は「肝・心・脾・肺・腎」(かんしんひはいじん、と覚えます)のことです。


五臓は字の中に「蔵(くら)」とあるように貯蔵する働きがあります。
気血津液は五臓に蓄えられています。
肝の気を「肝気(かんき)」、腎の気を「腎気(じんき)」と呼んだりします。
五臓についてはまた別の機会に詳しく書こうと思います。


それでは次に、気はどのように補充されるのか?
簡単に言ってしまえば空気と食事からです。

「気」には「先天の気」と「後天の気」があります。
先天の気とは両親から受け継いだ気。五臓の腎に貯蔵されます。
両親から受け継いだ生命エネルギーそのものですので
中医学では「腎」を非常に大切にします。

後天の気は、さらに「天の気」と「地の気」に分けられます。
天の気は五臓の肺で「自然界の清気(しぜんかいのせいき)(≒空気)」から作られます。
地の気は五臓の脾で「水穀の精微(すいこくのせいび)(=飲食物からの有益な物質)」から作られます。

気功やヨガなどは呼吸法を大事にするそうですが
「気」を補充するという意味でも呼吸はやっぱり大切なものなのですね。


だんだんとややこしくなってきますが、
こういったベースをしっかり理解しておくことが大切です。
私自身もまだまだ疑問符だらけのことも多いのですが……(苦笑)


今回のポイント
・気血津液は五臓に蓄えられている。
・気には「先天の気」と「後天の気」があり、先天の気は両親から受け継ぎ、後天の気は空気と食事から補充される。



気に関しては前回のブログも参考にされてください。
→「気」について(その1)

コメント

回答:2件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19800件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5584件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月14日~07月21日

もっと見る