運営からのお知らせ

漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

「血」について

投稿者:choline 投稿日:14/03/26 12:06 view123view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は気血津液の「血」についてのお話です。



血は全身を栄養し、精神活動を支える物質である。
と記載されています。(やさしい中医学入門P30)

血とは現代医学でいう血液とほぼ同義と考えて差し支えないと思います。
気の働きにより血脈を循環している赤色の液体と捉えます。


血の生成は主に脾で行われ、
血の運搬は心、貯蔵は肝で主に行います。
(※西洋医学でいう脾臓、心臓、、肝臓とはちょっと違います。
五臓の意味がわからないと少しわかり辛いかもしれません。)

具体的にどの部分の血かを話題にするときは、
脾血(ひけつ)、心血(しんけつ)、肝血(かんけつ)と表現されます。

血が不足した状態を血虚(けっきょ)と言いますが、
脾、心、肝のどこの血が不足しているかで治療方針が変わったりします。


また、血には精神活動を支える働きがあります。
そのため血虚になると、不眠、健忘、不安などの症状が現れることもあります。


血の話は簡単にここまでです。

今回のポイント
・血は全身を栄養し、潤し、精神活動を支える働きがある。
・血は脾の働きで作られ、心で運搬、肝で貯蔵される。




気についてのブログはこちらです。
「気」について(その1)
「気」について(その2)

コメント

回答:2件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る