漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

「津液」について

投稿者:choline 投稿日:14/04/11 17:16 view91view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は津液のお話。

 

一般に稀薄で清なる部分のことを「津」、

稠厚で濁なる部分のことを「液」というようですが、

細かいことを問題にする場合以外は気にしなくて良いようです。

 

 

 

「津液は人体を潤す水液であり、体内の全ての正常な水液の総称」と書かれてあります。

(やさしい中医学入門P37)

 

 

主な働きとしては潤すこと。

体表から体内深部までを潤します。

津液が滞ると浮腫が出たり、不足すると乾燥症状が出たりします。

 

 

津液は水穀中の水液の精微(すいえきのせいび)により生成されます。

もっと簡単に言えば口から取り入れた水分ですね。

この働きは五臓の脾で行われます。

 

 

津血同源(しんけつどうげん)という言葉があるのですが

津液も血も食べたものから生成される。源は同じという意味ですね。

そして互いに転化し補うことができます。

(転化とはある状態のものが、別の状態のものに変化すること)

時には津液は血となり、血は津液となり補い合っているということです。

 

 

そして、津液の代謝は主に脾、肺、腎で行われます。

脾、肺の働きにより三焦(さんしょう)(六腑の1つ)を通路として全身に散布され、

腎で排泄されます。

腎=腎臓ではないですが、腎での排泄はイメージとしては腎臓と同じような感じですね。

 

津液の話はここまでです。

 

 

今回のポイント

・津液は人体を潤す水液。

・脾の働きで生成され、脾・肺の働きで運搬、腎で排泄される。

 

 

気・血についてのブログはこちらをご覧ください。

「気」について(その1)

「気」について(その2)

「血」について

コメント

回答:2件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:10月15日~10月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月15日~10月22日

もっと見る