運営からのお知らせ

漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

生薬について

投稿者:choline 投稿日:14/04/18 14:26 view159view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

今回は理論からちょっと離れて生薬の話。

 

 

漢方薬というのはよく聞くと思うのですが

民間薬というのは聞いたことがありますか?

 

漢方薬は原則として2種類以上の生薬を組み合わせたもの。

民間薬は生薬を単味で使うもの。

 

こういった違いがあります。

 

民間薬には例えば「ドクダミ」や「センブリ」などがあります。

ドクダミは別名「十薬(じゅうやく)」と呼ばれ、十の薬効があると言われています。いろんな症状に使われてきたのですね。

センブリは千回振っても苦い、ということからつけられた名前だそうです。センブリはとても苦いので罰ゲームなどでも使用されているようです……。元々は胃腸薬です。

 

 

それでは、生薬は全部で何種類あるかご存じでしょうか?

 

 

答えは365種類です。1年と同じ日数だけあります。何か面白いですよね。

内訳は植物252種類、動物67種類、鉱物46種類です。

 

また、生薬の中にも3つのランク分けがされています。

上薬(じょうやく)、中薬(ちゅうやく)、下薬(げやく)の3つです。

上品(じょうほん)、中品(ちゅうほん)、下品(げほん)とも呼びます。

上薬は120種類、中薬は120種類、下薬は125種類あります。

 

上薬は長期間服用しても無毒で害がなく、生命を養い寿命を延ばす働きがある。

中薬は心身のバランスをとり、健康を保つ薬で、使い方によっては毒になることもある。

下薬は激しい作用をもつもので有毒であるから必要に応じて慎重に用い、長期間服用してはいけないものである。

このように定義されています。

 

今回は生薬に関するちょっとしたお話でした。

コメント

回答:2件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る