漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

マクロビオティック

投稿者:choline 投稿日:14/04/23 09:44 view84view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

マクロビオティックという言葉ご存じでしょうか。

健康に関心の高い方は食事療法として実践している方もいるかもしれません。

 

 

マクロビオティック(macro-bio-tique)とは

「macro(大きい)+bio(生命)+tique(術・学)」

「長く思いっきり生きるための理論と方法」という意味があります。

食事療法として広く知られていますが、実際は思想ですね。

 

創始者は桜沢如一(さくらざわゆきかず)という方です。

 

 

マクロビオティックには陰陽調和という考え方があり、

中医学の考え方と似ている点もあるので少しお話しようと思います。

(あまり深入りはしません。)

 

 

マクロビオティックには次の3つの原則があります。

 

・身土不二(しんどふじ)

・一物全体(いちぶつぜんたい)

・陰陽調和(いんようちょうわ)

 

一つずつ説明していきます。

 

 

「身土不二」とは、その土地、その時期で取れるものを取り入れましょうという考え方です。

 

今は一年中、四季の野菜、世界中の作物が手に入る時代です。

例えば夏野菜の代表であるナスやキュウリ。これらには体を冷やす働きがあるとされています。

ナスやキュウリを冬に取り入れるのは、寒い冬に体を冷やすものを取り込むことになり良くありません。

旬のものを取り入れるのが良いということですね。

 

 

「一物全体」とは、一つの物を丸ごと食べましょうという考え方です。

 

全体は部分の総和ではなく、全体は全体としてあるとき、部分の総和以上の働きをします。

人間は様々なものを食べて命を繋いでいます。命を頂いているのです。生命力の強いものを取り入れるのが、より健康になれるということです。

例えば、お米。一物全体の考え方からすると玄米を食べるのが良いとされます。玄米は水につけると発芽します。発芽するということは命があるということです。白米に比べて生命力の強い玄米が身体に良いということですね。

 

玄米から糠(ぬか)を取ったものが白米です。

糠は「健康な米」という字です。

そして、白米という字は「粕(かす)」と読めますね。

言葉遊びではありますが「玄米(健康な米)」と「白米(粕)」。どちらが身体に良いかは明らかです。

(ただし、玄米は消化が悪いのでよく噛む必要があります。胃腸の弱い方、特に子供には不向きだったりします。)

 

身土不二や一物全体の考え方は

ごぼう茶で有名な南雲先生の著書にも紹介されていました。

 

そして陰陽調和。

食べ物には陰陽のエネルギーがあり、

陰のエネルギーが強いものは冷ます性質、

陽のエネルギーが強いものは温める性質があります。

 

陰性の強いものの代表としては砂糖。化学的に精製されたものは大体陰性です。

お薬も陰性です。南国などで取れるものも陰性のものです。バナナやパイナップルなどですね。

 

陽性の強いものの代表としては塩。動物性のお肉も大体陽性です。

 

陰と陽のバランスがとれたものを中庸(ちゅうよう)と言い

玄米、雑穀などがこれに当たります。

 

人は食べ物で陰陽のバランスを取っているのですが

陰性の強いものと陽性の強いものでバランスを取るよりも

中庸のものでバランスを取るほうが安定するようです。

 

また陰性のものばかり摂っていると体が冷えます。

身土不二の項目で書いたナスやキュウリも陰性です。

 

 

今回は長くなってしまいました。

マクロビオティックを肯定も否定もしませんが

身土不二と一物全体、陰陽調和の考え方は好きです。

 

 

 

食事療法はストイックになっては周りにも迷惑をかけてしまうことがあります。

「これだけ食べていれば健康に良い」という食品はありません。

また、「サプリメントを欠かさず飲んでいるから大丈夫」ということでもありません。

栄養は基本的には食事から摂るものだと思います。

 

自分のライフスタイルに合ったものを、無理のない範囲で取り入れること。

そして食事は何より楽しむことが一番大事だと思います。

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る