漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

半夏と生姜

投稿者:choline 投稿日:14/04/26 09:58 view59view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

理論ばかりだと面白くないので今回は

半夏(はんげ)と生姜(しょうきょう)のお話です。

 

 

 

半夏とはサトイモ科のカラスビシャクの根茎です。

半夏厚朴湯や半夏瀉心湯など、方剤の名前にもなっているので単語としてはご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

生姜はショウガ科のショウガの根茎です。

ショウガは特に説明するまでもなくショウガですね。

 

 

漢方の勉強をするとこぼれ話でよく聞く内容かもしれませんが、

生姜は半夏の解毒薬としての作用があります。

 

そんなわけで半夏が入っている方剤には生姜が大体入っています

薬局に漢方薬を置いていればぜひ確認してみてください。

(抑肝散加陳皮半夏は例外で生姜が入っていません。)

 

 

では半夏の毒とは?

 

半夏を口にくわえて噛み下すとしばらくして喉がイガイガチクチクしてきます。

これはかなり強烈です。平静ではいられないくらいきます。

そこでそのイガイガチクチクを取り除いてくれるのが生姜なのです。

 

実際に自分でも試したことがありますがやばかったです。

生姜を溶いたお湯を何度か服用してもなかなか治りませんでした。

「本当に解毒作用あるの?」って思うくらい治りませんでした。

きっと同時に煎じて服用しないとダメなのでしょうね。

 

漢方、生薬はすぐ効かないと思っている方は

半夏をかじってみると少し考え方が変わるかも!?

 

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る