運営からのお知らせ

漢方好き薬剤師の話
以前漢方薬局で働いていた経験を活かし、漢方関連のことを不定期で書いていきます。「やさしい中医学入門」を参考にしてます。

cholineさんのブログ

cholineさんのプロフィールへ
調剤薬局

漢方の流派

投稿者:choline 投稿日:14/04/30 10:54 view116view

お気に入りに登録

お気に入り登録数:21人

漢方漢方と言ってますが、「漢方」という言葉は日本だけの呼称です。

西洋医学の「蘭方(らんぽう)」と比較する言葉として作られました。

 

漢方と言えば生薬や漢方薬をイメージすると思いますが、

厳密に言えば漢方とは中国医学のことであり「漢方薬、鍼灸、気功、按摩」などのことを表します。

ただ、マニアックな話をしない限りは「漢方=漢方薬」と捉えて良いと思います。

 

 

それでは本題の漢方の流派ですが

 

・後世方派(ごせいほうは)…金元医学を中心

・古方派(こほうは)…傷寒論や金匱要略を中心

・折衷派(せっちゅうは)…後世方と古方の折衷

・中医学(ちゅういがく)

 

この4つに大きく分けられると思います。

 

また、ツムラさんの漢方は漢方薬を新薬として取り扱うような形を取っているので

新しい流派と呼べるかもしれません。

ちなみに漢方家は西洋薬のことを新薬(しんやく)と呼びます。

 

おそらく一番多いのが古方派だと勝手に思ってるのですが

古方は腹診を大事にするそうです。薬剤師は腹診なんてできないのが辛いところですね。

そういった観点からも個人的には中医学推しです。

 

 

流派の話はこの程度にして(知識不足です……)

次回は弁証法について書こうと思います。

コメント

回答:6件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られているブログランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る